お問い合わせはこちら 03-3787-1151

業績について Research and education

令和2年度 2020年度 研究業績

【原著論文】

FURUHATA Mayu, YAMAGUCHI Tetsutaro, TAKAHASHI Masahiro, Maki Koutaro. Evaluation of pterygomaxillary transverse width using cone-beam computed tomography in early childhood with non-syndromic orofacial cleft lip and/or palate. Hospital dentistry and oral-maxillofacial surgery. in press

Makoto Tashiro, Yuya Sakuma, Masahiro Takahashi and Koutaro Maki. Repeatability of four intraoral scanners in various dental crowding cases in vitro. The Journal of the Japan Academy of Digital Dentistry. vol.10 no3.in press

Minako Onimaru, Masahiro Takahashi, Aya Shimazaki , Hitoshi Kimura , Norio Inou , Koutaro Maki :Verification of mechanical load generated by functional orthodontic appliances.(2020 Journal of Biomechanics, Netherlands 2020年12月)

Wakasugi H,Nakano H, Maki K. Comparison of the mandibular alveolar bone width in skeletal Class III malocclusion with open bite and non-open bite using cone-beam computed tomography.Jpn. jaw Deform.Dec;30(4):244-256,2020

Hideomi Takizawa, Masahiro Takahashi, Koutaro Maki. Three-dimensional assessment of craniofacial features in patients with Down syndrome during the mixed dentition period: a case-control study.  Cleft Palate Craniofac J. in press.

Yamaguchi N,Ito K,Oldani P,Shiogama M,Sawamura M,Nakano H,Maki K,Takano N. Experimental study on deformability of polymeric dental aligner by didital image correlation method. J. Soc. Mater. Sci., Jpn.;70(1):57–63,2021.

和田沙也加, 関美穂, 芳賀秀郷,槇宏太郎.矯正歯科患者における歯列・顔貌に対する認識度
の検討
昭和学士会雑誌 THE SHOWA UNIVERSITY JOURNAL OF MEDICAL SCIENCES(in press)

【総説】

槇宏太郎:
特集 「昭和大学の医療連携における歯学部の役割について」 口唇口蓋裂の診断と治療
昭和大学学士会2020年 80巻5号 特集

Tetsuo Suzawa, Hiroshi Yoshida, Masahiro Takahashi, Masakatsu Itose, Reiko Takimoto, Yuji Sasama, Motohiro Tanaka, Kaori Ikezaki, Tatsuo Shirota, Koutaro Maki, Ryutaro Kamijo. Prospects of neural crest‐derived cells from oral and dentofacial tissues for application in regenerative medicine. Oral Science International. Sep;17(3):115-125, 2020

症例報告】

安部 勇蔵, 佐藤 仁, 稲田 大佳暢, 田中 元博, 高橋 正皓, 鈴木 麻衣子, 槇 宏太郎, 代田 達夫. 片側性下顎頭過形成による顔面非対称に対して下顎頭切除後に術前シミュレーションと術中ナビゲーションを併用して上下顎移動術を施行した 1 例. 日本顎変形症学会雑誌, 30(1), 9-17,2020

【著書】
【学会発表】

Hiroshi Yoshida, Masahiro Takahashi, Tetsutaro Yamaguchi, Koutaro Maki. Comparative Effects of Furlow Palatoplasty and Modified Two-Flap Palatoplasty on the Jaw Morphology of Cleft Lip and Palate. The Cleft Palate-Craniofacial Journal. March; 57(4):142, 2020 (コロナのため学会でなく抄録掲載)

塩竈素哉、中納治久、澤村萌香、山口直希、高野直樹、槇宏太郎.アライナー型矯正装置が発揮する歯牙荷重のデジタル画像相関法による計測.第11回日本デジタル歯科学会学術大会.愛知.2020年4月25日〜26日

中納 治久.矯正歯科Workshop 口唇口蓋裂治療における医科歯科連携を考える 昭和大学口唇口蓋裂センターにおける医科歯科連携について. 第44回日本口蓋裂学会総会・学術集会.愛知. 2020年4月25日〜26日

Rumi Shiotsu, Yoshifumi Yoshida, Tsuyoshi Hayakawa, Shugo Haga, Koutaro Maki :DEVELOPMENT OF NEW INTRAORAL SENSING SYSTEM FOR MEASURING THE WEARING TIME OF REMOVABLE ORTHODONTIC APPLIANCES. 2020,6(The 96th EOS Congress in Hamburg, Germany. 2020年6月)

高橋正皓、槇宏太郎. カモフラージュ治療を行った骨格性下顎前突を伴うBinder症候群の1例. 第44回日本口蓋裂学会総会・学術集会. 愛知.(誌面開催へ変更)2020年5月

上原 めぐみ, 佐藤 友紀, 小松 麻衣子, 鬼丸 美菜子, 若杉 寛, 増田 真里奈, 岩崎 このみ, 相原 のぞみ, 大久保 文雄, 門松 香一, 槇 宏太郎. 片側性唇顎口蓋裂患児への術前顎矯正治療 第40期専攻生によるNAM治療の一例. 第44回日本口蓋裂学会.愛知. 2020年6月4(2) 146 – 146.

吉田寛、 岩崎このみ、塩津 瑠美、 塩竈 素哉、篠原 庸祐、高風 桃子、嶋﨑 絢、長濱 諒、高橋 正皓、 中納 治久、 槇宏太郎. 当科に来院した口唇裂・口蓋裂患者の統計臨床的調査. 第44回日本口蓋裂学会. 愛知. 2020年6月

塩津瑠美, 佐藤友紀, 中脇純華, 土佐泰祥, 高良有理江, 岩崎このみ, 増田真理奈, 鬼丸美菜子, 大久保文雄, 門松香一, 槇宏太郎. 広い裂幅を伴う右側完全唇顎口蓋裂の術前顎矯正治療. 日本口蓋裂学会. 愛知. 2020年6月4~5日.

瀧澤秀臣、髙橋正皓、槇宏太郎. Down症候群における顎顔面領域の3次元形態評価.第44回 日本口蓋裂学会総会・学術集会. 愛知(誌上開催). 2020年6月4日・5日

芳賀 秀郷, 宮野 二美加, 相原 のぞみ, 佐久間 優弥, 若杉 寛, 北 はるな, 丹澤 史, 宮澤 平, 小倉 菫, 栗原 祐史, 代田 達夫, 槇 宏太郎:当院における外科的矯正治療を伴う骨格性II級症例の検討 
第30回日本顎変形症学会, 新潟(WEB), 2020年6月23日-25日

上原 めぐみ、中納 治久、槇 宏太郎. 顎顔面骨格と咬合彎曲の関連性 
第30回日本顎変形症学会.新潟. 2020年6月24日(2) 148 – 148.

若杉 寛, 芳賀 秀郷, 宮野 二美加, 相原 のぞみ, 佐久間 優弥, 北 はるな, 丹澤 史, 宮澤 平, 小倉 菫, 中納 治久, 槇 宏太郎. 開咬を伴う骨格性下顎前突症患者のsymphysis及び下顎歯槽骨幅径の評価.第30回日本顎変形症学会.新潟.2020年6月24日

鬼丸美菜子、髙橋正皓、木村仁、伊能教夫、槇宏太郎:機能的顎矯正装置により発生する力学的荷重の計測方法確立と荷重影響因子の解明
(第79回東京矯正歯科学会学術大会,東京,2020年7月9日)

新田 雅一, 船登 雅彦, 芳賀 秀郷, 松浦 光洋, 礒 良崇, 西中 直也, 船津 敬弘, 槇 宏太郎, 三邉 武幸:大学バレエダンサーに対するスポーツデンタルチェック 
第31回日本臨床スポーツ医学会学術集会, 宮崎(WEB),  2020年10月17日-18日

Masahiro Takahashi, Hiroshi Yoshida, Koutaro Maki. Comparison of craniofacial morphology in a pair of monozygotic twins with the mirror-image cleft lip and palate. The 9th International Orthodontic Congress. Yokohama. Oct. 2020

田代慎、佐久間優弥、槇宏太郎. Evolution of orthodontic treatment with optical impression and 3D technology. The 9th International Orthodontic Congress(9th IOC 2021).

Hideomi Takizawa, Akiko Karakawa, Tetsuo Suzawa, Megumi Ikeda, Noriko Osumi, Ryutaro Kamijo, Masamichi Takami, Koutaro Maki : Establishment of palate-wound healing mouse model to elucidate roles of neural crest- derived cells (NCDCs) in scar formation after palatal surgery. (the 9th International Orthodontic Congress,  Virtual 2020年10月)

Rumi Shiotsu, Yoshifumi Yoshida, Ryosuke Isogai, Shugo Haga, Koutaro Maki :Development of an intraoral sensing system to measure usage time of removable orthodontic appliances. (The 9th International Orthodontic Congress in Yokohama, Japan. 2020年10月)

高良 有理江, 芳賀秀郷, 木村仁,  槇宏太郎.Differences of magnitude in remove power among various structures for protuberance in aligner treatment.
The 9th International Orthodontic Congress(9th IOC)/The 12th Asian Pacific Orthodontic Conference(12th APOC)/The 79th Annual Meeting of the Japanese Orthodontic Society(79th JOS)
Certificate of E-poster presentation.Tokyo,October 4-6,2020.


北はるな,降旗真由,嶋﨑絢,芳賀秀郷,槇宏太郎. Method of measuring intraolal pressure
Department of Orthodontics, School of Dentistry, Showa University, Tokyo
The 9th International Orthodontic Congress(9th IOC), The 12th Asian Pacific Orthodontic Conference(12th APOC), The 79th Annual Meeting of the Japanese Orthodontic Society(79th JOS), Certificate of E-poster presentation (October 4-6, 2020)

丹澤史、木村仁、芳賀秀郷、宮野二美加、門脇廉、槇宏太郎.Measurement of force by the orthodontic appliances. 
Orthodontics, School of Dentistry, Showa University, Tokyo, 2Department of Mechanical Engineering, School of Engineering, Tokyo Institute of Technology, Tokyo, Japan, 3Faculty of engineering, Kyushu University, Fukuoka, JAPAN, The 9th International Orthodontic Congress(9th IOC), The 12th Asian Pacific Orthodontic Conference(12th APOC), The 79th Annual Meeting of the Japanese Orthodontic Society(79th JOS), Certificate of E-poster presentation (October 4-6, 2020)

Maiko Komatsu, Ryo Nagahama, Shugo Haga, Koutaro Maki. The effects of the surface of zygomaticomaxillary suture on the maxillofacial morphogenesis. 第9回国際矯正歯科会議世界大会.バーチャル開催.2020年10月4日~10月6日

蜂須 貢, 大林 真幸, 船登 雅彦, 落合 裕隆, 芳賀 秀郷, 上間 裕二, 向後 麻里:スポーツと体内環境 デッドリフティングにおける自律神経活動 
第73回日本自律神経学会総会, 千葉(WEB), 2020年11月20日-21日

芳賀秀郷,船登雅彦, 新田雅一,松浦光洋,槇宏太郎, 三邉武幸:デンタルチェックの分析評価からみた大学アスリートの口腔内状況の実際
第31回日本スポーツ歯科医学会総会・学術大会, 広島(WEB),  2020年12月5日-6日

塩津瑠美, 芳賀秀郷, 吉田宜史, 槇宏太郎. 口腔内センシングシステムを用いた可撤式矯正装置の使用時間の測定. 第67回昭和大学学士会総会. 東京. 2020年12月.

高良有理江,芳賀秀郷,木村仁,槇宏太郎.アライナー型矯正装置の着脱に影響を与える因子.昭和大学学士会第67回昭和大学学士会総会,東京, 2020年12月5日 抄録P.46

北はるな,降旗真由,嶋﨑絢,芳賀秀郷,槇宏太郎. 口腔内圧の測定法に関する研究
昭和大学歯学部歯科矯正学講座
昭和大学学士会第67回昭和大学学士会総会抄録P.44

丹澤史, 芳賀秀郷, 片岡有, 木村仁, 槇宏太郎. 矯正治療中に歯に加わる荷重の計測
昭和大学歯学部歯科矯正学講座,昭和大学歯学部歯科保存学講座, 歯科理工学部門, 玉川大学工学部エンジニアリングデザイン学科. 昭和大学学士会第67回昭和大学学士会総会抄録P.45

小松麻衣子、長濱諒、芳賀秀郷、槇宏太郎. 顎顔面部の形態形成に関する頬骨上顎縫合の影響.第67回昭和大学学士会総会.誌上開催.2020年12月5日


塩津瑠美, 芳賀秀郷, 吉田宜史, 磯谷亮介, 藤澤進, 槇宏太郎. 口腔内における各種センサを利用した生体情報の獲得と医科領域への応口腔内における各種センサを利用した生体情報の獲得と医科領域への応用第36回「歯科医学を中心とした総合的な研究を推進する集い」日本歯科医学会. 東京. 2021年3月開催予定


【その他】

槇宏太郎. 頼れるドクター 世田谷 vol.11 2020-2021版;東京,2020,ドクターズ・ファイル編集部.P96.(取材日:2020.8.5.)

中納治久:
講演、講義
「医療系の職業紹介−AI時代での人間が携わる仕事について−」
「歯科医師(矯正歯科医)とは?」
(昭和女子大学附属中学校・昭和高等学校,東京,2020年12月10日)

芳賀秀郷:
(雑誌掲載):「奥歯噛み合う歯列な戦い。」(WEB取材・コメント掲載)
【雑誌名】月刊ゴルフダイジェスト
【発売日時】2020年4月21日 

芳賀秀郷:
(講演)スポーツ歯科の活動について
第6回スポーツメディカルボランティアセミナー
2020年11月23 日 福島(WEB)



芳賀秀郷:
(講演)2020年度スポーツ歯科活動総括. 
昭和大学スポーツ運動科学研究所 第9回学術研究発表会, 東京, 2020年12月19日 昭和大学上條記念館

アーカイブ
  • 設備
  • 研究・教育
  • 矯正歯科診療
  • 木真会
  • 研究の紹介研究の紹介

    本教室における研究の目標は、いかに科学的に矯正臨床における諸問題を解決するかの一点にあります。

  • 業績について業績について

    矯正学教室の年度別の業績目録を紹介しています。

  • 受賞受賞

    昭和大学歯科矯正学教室(槇 宏太郎教授就任後)の、学会発表における、学会賞受賞の記録です。

  • 設備
  • 研究・教育
  • 矯正歯科診療
  • 木真会
pagetop