お問い合わせはこちら 03-3787-1151

業績について Research and education

平成29年度 平成29年度 研究業績


原著論文

Nakawaki T, Yamaguchi T, Isa M, Kawaguchi A, Tomita D, Hikita Y, Suzuki-Tomoyasu Y, Adel M, Ishida H, Maki K, Kimura R. Growth hormone receptor gene variant and threedimensional mandibular morphology. Angle Orthod. Jan;87(1):68-73, 2017

Takahashi M, Hosomichi K, Yamaguchi T, Yano K, Funatsu T, Adel M, Haga S, Maki K, Tajima A. Whole-exome sequencing analysis of supernumerary teeth in Japanese individuals. Hum Genome Var, 4, 16046, 2017

Adel M, Yamaguchi T, Tomita D, Nakawaki T, Kim YI, Hikita Y, Haga S, Takahashi M, Nadim MA, Kawaguchi A, Isa M, El-kenany WH, El-Kadi AA, Park SB, Ishida H, Maki K, Kimura R. The Contribution of FGFR1 polymorphisms to the human craniofacial variation in Japanese and Korean populations. Plos One. 12(1):e0170645

Adel M, Yamaguchi T, Tomita D, Nakawaki T, Kim YI, Hikita Y, Haga S, Takahashi M, Nadim MA, Kawaguchi A, Isa M, El-Kenany WH, El-Kadi AA, Park SB, Ishida H, Maki K, Kimura R. Contribution of FGFR1 Variants to Craniofacial Variations in East Asians. PLoS One. 2017 Jan 27;12(1)

Yamaguchi T, Hosomichi K, Yano K, Kim YI, Nakaoka H, Kimura R, Otsuka H, Nonaka N, Haga S, Takahashi M, Shirota T, Yamada A, Kamijo R, Park SB, Nakamura M, Maki K, Inoue I. Comprehensive genetic exploration of selective tooth agenesis of mandibular incisors by exome sequencing. Hum Genome Var, 4, 17005, 2017

Kim SH, Son WS, Yamaguchi T, Maki K, Kim SS, Park SB, Kim YI. Assessment of the root apex position of impacted maxillary canines on panoramic films. Am J Orthod Dentofacial Orthop. 2017. 152(4);489–493

Kim SH, Choi YK, Shin SM, Choi YS, Yamaguchi T, Takahashi M, Maki K, Park SB, Kim YI. The estimation of skeletal maturity of patients with cleft lip and palate using statistical shape analysis : A preliminary study. Dentomaxillofac Radiol 2017 Apr 6:20160491. 

栗原祐史、勝田秀行、山口徹太郎、安田有沙、塩竃素直、佐藤仁、斉藤芳郎、鴨志田慎之助、鎌谷宇明、代田達夫. ナビゲーションシステムを用いてオトガイ形成術を施行した2例. 日顎変形会誌. 27(1):17-23

Tomita D, Yamaguchi T, Nakawaki T, Hikita Y, Adel M, Kim YI, Haga S, Takahashi M, Kawaguchi A, Isa M, Park SB, Ishida H, Maki K, Kimura R. Interferon regulatory factor 6 variants affect nasolabial morphology in East Asian populations. Arch Oral Biol. 2017 Oct 9;85:142-147.

Adel M, Yamaguchi T, Tomita D, Nakawaki T, Hikita Y, Haga S, Takahashi M, Nadim MA, El-kenany WH, El-Kadi AA, Maki K. Association of the growth hormone receptor gene variants and the morphology of the mandible and the lower face in an Egyptian population. 
Showa Univ J Med Sci 29(2), 173~180, June 2017

Tsuneoka M, Yamaguchi T, Nakamura T, Kimura H, Kondo S, Tanaka J, Mishima K, Shirota T, Inou N, Maki K. Masticatory performance and chewing efficiency before and after orthognathic surgery, using chewing gum containing spherical resinous microparticles. 
THE SHOWA UNIVERSITY JOURNAL OF MEDICAL SCIENCES Vol.29 No.4(2017年12月) 

Shimazaki A, Kimura H, Inou N, Maki K. Development of a Measurement System for Mechanical Load of Functional Appliances. Journal of Biomechanics,: Volume 63: 197-202, 2017

Chifumi Kakami, Haruhisa Nakano, Yasuhiro Hotta, Takashi Miyazaki, Koutaro Maki.A study of biocomposite resins for creating orthodontic appliances using a 3D printer. Orthodontic Waves76(3):140-150,2017.

Goto M, Yanagisawa W, Kimura H, Inou N, Maki K. A method for evaluation of the effects of attachments in aligner-type orthodontic appliance: Three-dimensional finite element analysis. Orthodontic Waves, ODW274, 2017

Tomohiro TAGUCHI, Junichi WATAHIKI, Tomoki NAMPO, Yuta ICHIKAWA, Gou YAMAMOTO, Miki SAKURAI, Fumika MIYANO, Tarou IRIE, Kenji MISHIMA, Koutaro MAKI : The Usefulness of Mandibular and Maxillary Bone Derived from Neural Crest as Bone Graft Substitutes.The Showa University Journal of Medical Sciences 
Volume 28 (2016) Issue 3 241-248 (Released: March 02, 2017)
総説

槇宏太郎:
雑誌日本歯科評論 「歯学の行方 矯正歯学の行方」
2017年6月号

槇宏太郎:
矯正治療の意義と未来
中・四国矯正歯科学会雑誌 29(1):7-10, 2017.
症例報告

Shugo Haga, Tetsutaro Yamaguchi, Koutaro Maki. Orthodontic Treatment of a Patient with Missing Maxillary Central Incisors due to Trauma. International Journal of Sports Dentistry 10(1):040-046, 2017.



著書

(分担執筆)
宮野二美加,各務知芙美,槇宏太郎.上顎の成長発育促進を目的として上顎前方牽引装置を使用した症例(矯正歯科治療—この症例にこの装置—);東京,2012,医歯薬出版株式会社.P58-63.(2017.12.10.)

(分担執筆)
中納治久,渡辺みゆき,槇宏太郎.下顎の成長発育抑制を目的としてチンキャップ&スライディングプレートを使用した症例(矯正歯科治療—この症例にこの装置—);東京,2012,医歯薬出版株式会社.P72-77.(2017.12.10.)

(分担執筆)
澁澤龍之,中山真由子,槇宏太郎.下顎の成長発育促進を目的としてハーブストアプライアンスを使用した症例(矯正歯科治療—この症例にこの装置—);東京,2012,医歯薬出版株式会社.P86-93.(2017.12.10.)

(分担執筆)
常岡美里,山口徹太郎,槇宏太郎.下顎の成長発育促進を目的としてアクチバトールを使用した症例(矯正歯科治療—この症例にこの装置—);東京,2012,医歯薬出版株式会社.P94-99.(2017.12.10.)

(分担執筆)
中脇貴俊,冨田大介,中納治久,槇宏太郎.埋没歯の牽引を目的としてリンガルアーチを使用した症例(矯正歯科治療—この症例にこの装置—);東京,2012,医歯薬出版株式会社.P178-183.(2017.12.10.)

(分担執筆)
高橋満理子,槇宏太郎.下癖の除去を目的としてタングガードを使用した症例(矯正歯科治療—この症例にこの装置—);東京,2012,医歯薬出版株式会社.P236-241.(2017.12.10.)

(分担執筆)
中納治久,嶋崎 絢,槇宏太郎.上顎前歯部叢生の改善を目的としてマルチブラケット装置とG.M.Dを使用した症例(矯正歯科治療—この症例にこの装置—);東京,2012,医歯薬出版株式会社.P274-279.(2017.12.10.)

(分担執筆)
二木克嘉,泉田恵理,槇宏太郎.下顎前突の抜歯による改善を目的としてマルチブラケット装置を使用した症例(矯正歯科治療—この症例にこの装置—);東京,2012,医歯薬出版株式会社.P292-297.(2017.12.10.)

学会発表

疋田悠、山口徹太郎、中脇貴俊、冨田大介、Mohamed Adel、木村亮介、槇宏太郎. 歯根形態形成に関与する遺伝子の探索. 昭和大学歯学部 文部科学省私立大学戦略的研究基盤形成支援事業 平成28年度シンポジウム 「次世代型顎口腔組織再生医療の研究開発拠点形成」研究成果発表会. 東京. 2017年3月4日


Daisuke Tomita, Tetsutaro Yamaguchi, Takatoshi Nakawaki, Yu Hikita, Mohamed Adel, Yong-Il Kim, Shugo Haga, Masahiro Takahashi, Akira Kawaguchi, Mutsumi Isa, Soo-Byung Park, Hajime Ishida, Kotaro Maki, Ryosuke Kimura : Contribution of IRF6 variants to nasolabial morphology in Japanese and Korean populations.(2017Annual Session American Association of Orthodontists,San Diego 2017年11月)

N TAKATOSHI, T Yamaguchi, R Kimura, K Maki: Contribution of the GHR gene variant to the mandibular morphology using CBCT in Japanese population,
(The American Association of Orthodontists 2017, 2017 April 21, San Diego )

高橋正皓、山口徹太郎、鈴木洋子、Mohamed Adel、冨田大介、中脇貴俊、疋田悠、吉田寛、中島美里、降旗真由、長濱諒、槇宏太郎:幼児期の唇顎口蓋裂患児における咽頭気道形態の三次元的評価
( 第41回日本口蓋裂学会総会学術集会. 東京. 2017年5月18-19日)

山口徹太郎、高橋正皓、長濱諒、芳賀秀郷、中島美里、降旗真由、相原のぞみ、槇宏太郎:統計学的形状解析による口唇口蓋裂患者の骨成熟度評価
(第41回日本口蓋裂学会総会学術集会. 東京. 2017年5月18-19日)

中脇貴俊、山口徹太郎、冨田大介、疋田悠、鈴木洋子、Mohamed Adel、方山光朱、木村亮介、槇宏太郎:三次元的な下顎骨形態と成長ホルモン受容体(GHR)遺伝子多型との関連
(第41回日本口蓋裂学会総会学術集会. 東京 2017年5月18-19日)

降旗真由、佐藤友紀、長濱諒、中脇貴俊、高橋正皓、関雄介、疋田悠、山口徹太郎、吉本信也、槇宏太郎:術前顎矯正治療による哺乳障害の改善が困難であった片側唇顎口蓋裂の1例ー第38期専攻生によるNAM治療の1例ー
(第41回日本口蓋裂学会総会学術集会. 東京 2017年5月18-19日)

疋田悠、佐藤友紀、高橋正皓、柳澤若菜、中脇貴俊、長濱諒、関雄介、降旗真由、山口徹太郎、吉本信也、槇宏太郎:著しい顎裂の開大を伴う右側口唇口蓋裂の術前矯正治療-第38期専攻生によるNAM治療の一例-
(第41回日本口蓋裂学会総会学術集会. 東京 2017年5月18-19日)

各務知芙美, 吉田寛,  岩崎このみ, 加藤梨友, 高橋正皓, 長濱諒, 中納治久, 佐藤友紀, 槇宏太郎, 土佐泰祥, 木村智江, 佐藤伸弘, 吉本信也:
長期結果からみた各チーム医療の現状と展望(乳児から成人まで)~pushback変法による口蓋閉鎖後, 長期保定により経過観察した片側性唇顎口蓋裂の一例~
(第41回日本口蓋裂学会総会•学術集会, 東京, 2017年5月18-19日)

吉田寛, 各務知芙美, 岩崎このみ, 加藤梨友, 高橋正皓, 長濱諒, 中納治久, 佐藤友紀, 槇宏太郎, 土佐泰祥, 木村智江, 佐藤伸弘, 吉本信也:
長期結果からみた各チーム医療の現状と展望(乳児から成人まで)~pushback変法による口蓋閉鎖後, 長期保定により経過観察した片側性唇顎口蓋裂の一例~
(第41回日本口蓋裂学会総会•学術集会, 東京, 2017年5月18-19日)

Adel Mohamed、山口徹太郎、冨田大介、中脇貴俊、疋田悠、芳賀秀郷、高橋正皓、木村亮介、槇宏太郎:FGFR1 variants affect craniofacial variations in Japanese and Korean populations. (第27回日本顎変形症学会. 東京 2017年6月15-16日)

山口徹太郎、芳賀秀郷、中島美里、降旗真由、高橋正皓、長濱諒、相原のぞみ、槇宏太郎:口唇口蓋裂患者の骨成熟度評価のための統計的形状解析.
(第27回日本顎変形症学会. 東京 2017年6月15-16日)

浅間雄介、鴨志田慎之助、栗原祐史、安田有沙、山口徹太郎、芳賀秀郷、中島美里、代田達夫、槇宏太郎:三次元シミュレーション画像と実際の骨片移動量を術中に比較するナビゲーションシステムの使用経験. 
(第27回日本顎変形症学会. 東京 2017年6月15-16日)

中脇貴俊、山口徹太郎、冨田大介、疋田悠、鈴木洋子、Mohamed Adel、方山光朱、木村亮介、槇宏太郎:成長ホルモン受容体(GHR)遺伝子多型と三次元的に解析した下顎骨形態との関連. 
(第27回日本顎変形症学会. 東京 2017年6月15-16日)

鈴木洋子、山口徹太郎、高橋正皓、Mohamed Adel、冨田大介、中脇貴俊、疋田悠、吉田寛、中島美里、降旗真由、長濱諒、槇宏太郎:非症候性唇顎校が劣患児における咽頭気道形態の三次元的解析. 
(第27回日本顎変形症学会. 東京 2017年6月15-16日)

山口徹太郎、代田達夫、芳賀秀郷、中島美里、降旗真由、高橋正皓、長濱諒、相原のぞみ、槇宏太郎:Williams症候群の5歳から24歳の治療経過の一例.
( 第27回日本顎変形症学会. 東京 2017年6月15-16日)

芳賀秀郷:前歯部早期接触および上顎正中埋伏過剰歯を伴う歯科矯正治療症例. 
(第28回日本スポーツ歯科医学会総会・学術大会、北海道2017年6月17日-18日)

吉田寛, 須澤徹夫, 柴田陽, 宮﨑隆, 槇宏太郎, 上條竜太郎:
Osteogenic potential of neural crest-derived cells in nasal conchae of adult mice
(第59回歯科基礎医学会学術大会運営事務局, 松本, 2017年9月)

嶋﨑 絢、木村 仁、伊能 教夫、槇 宏太郎:
機能的顎矯正装置の負荷計測装置の開発.
(第25回顎顔面バイオメカニクス学会大会, 長野県, 2017年9月30日-10月1日)

嶋﨑 絢、木村 仁、伊能 教夫、槇 宏太郎:
機能的顎矯正装置の装着時負荷計測システムの開発. 
(第76回日本矯正歯科学会大会,札幌,2017年10月18日-20日)



吉田美智,有島常雄,中納治久,槇 宏太郎:歯科矯正用アンカースクリューの脱離に関する臨床統計学的調査.
(第76回日本矯正歯科学会大会,札幌,2017年10月18-20日)

高橋 正皓, 吉田 寛, 中脇 貴俊, 佐藤 友紀, 山口 徹太郎, 土佐 泰祥, 大久保 文雄, 吉本 信也, 槇 宏太郎:
両側性唇顎口蓋裂の治療を通じて.
(第76回 日本矯正歯科学会学術大会, 札幌, 2017年10月18-20日)

高橋正皓、山口徹太郎、鈴木洋子、Mohamed Adel、冨田大介、中脇貴俊、疋田悠、吉田寛、中島美里、降旗真由、長濱諒、槇宏太郎
乳歯列期の唇顎口蓋裂患児における咽頭気道形態の三次元的評価
(第76回日本矯正歯科学会学術大会,北海道,2017年10月18~20日)

吉田 寛、須澤徹夫、高橋正皓、大隅典子、山口徹太郎、上條竜太郎、槇宏太郎:
鼻更介に含まれる神経堤由来細胞の骨誘導を応用した口唇口蓋裂に対するバイオリサイクル医療の確立
(第76回日本矯正歯科学会学術大会, 札幌, 2017年10月)

後藤真理子、木村仁、伊能教夫、槇宏太郎:
アライナー矯正装置におけるアタッチメントの設置方法の比較. 
(第76回日本矯正歯科学会学術大会, 札幌, 2017年10月)

Tatsuya Kitamura, Hironori Takemoto, Hisanori Makinae, Tetsutaro Yamaguchi, Kotaro Maki: Acoustic measurement of the transfer function of a solid model of the nasal and paranasal cavities. 11th International Seminar on Speech Production. Tianjin, China. October 16-19, 2017

Tatsuya Kitamura, Hironori Takemoto, Hisanori Makinae, Tetsutaro Yamaguchi, Kotaro Maki: Acoustic analysis of detailed three-dimensional shape of the human nasal cavity and paranasal sinuses. Interspeech 2017. Stockholm, Sweden. August, 20-24, 2017

T. YAMAGUCHI, M. TAKAHASHI, R. KIMURA, H. OTSUKA, N. NONAKA, S. HAGA, T. SHIROTA, A. YAMADA, R. KAMIJO, M. NAKAMURA, K. MAKI, I. INOUE:
Genomic analysis of selective tooth agenesis of mandibular incisors
(The 65th Annual Meeting of Japanese Association for Dental Research, Tokyo, Nov.18,19, 2017)

M. Takahashi, T. Yamaguchi, K. Hosomichi, T. Funatsu, M. Adel, S. Haga1, K. Maki1, A. Tajima:
Human genome analysis of supernumerary teeth
The 65th Annual Meeting of Japanese Association for Dental Research PROGRAM AND ABSTRACTS OF PAPERS pp133
(The 65th Annual Meeting of Japanese Association for Dental Research, Tokyo, Nov.18,19, 2017)

Takatoshi Nakawaki,Tetsutaro Yamaguchi, Daisuke Tomita, Yu Hikita, Youko Suzuki,  Mohamed Adel, Koshu Katayama, Ryousuke Kimura, Koutaro Maki:Contribution of the GHR gene variant to the three dimensional mandibular morphology in Japanese population. 
(The 65th Annual Meeting of Japanese Association for Dental Research, Tokyo, Nov.18,19, 2017)

Daisuke Tomita, Tetsutaro Yamaguchi, Takatoshi Nakawaki, Yu Hikita, Mohamed Adel, Yong-Il Kim, Shugo Haga, Masahiro Takahashi, Akira Kawaguchi, Mutsumi Isa, Soo-Byung Park, Hajime Ishida, Kotaro Maki, Ryosuke Kimura : IRF6 variants affect nasolabial morphology in Japanese and Korean populations.
(The 65th Annual Meeting of Japanese Association for Dental Research, Tokyo, Nov.18,19, 2017)

Yoshida H, Suzawa T, Osumi N, Maki K, Kamijo R:
Study for cell source of bone regeneration using neural crest-derived cells
in nasal conchae of adult mice
 (The 65th Annual Meeting of Japanese Association for Dental Research, Tokyo, Nov.18,19, 2017)

Y.HIKITA, T.YAMAGUCHI1 , D. TOMITA, A.MOHAMED, T.NAKAWAKI, K.KATAYAMA, K.MAKI and R. KIMURA: Candidate gene analyses of tooth length in Japanese population.
(The 65th Annual Meeting of Japanese Association for Dental Research, Tokyo, Nov.18,19, 2017)
Nagayama K, Yasuhara R, Miyamoto Y, Yoshimura K, Funato S, Baba K, Mishima K, Maki K, Kamijo R:Fragmented hyaruronan plays important roles in loss of extracellular matrix and cell death in chondrocytes in vitro
(The 65th Annual Meeting of Japanese Association for Dental Research, Tokyo, Nov.18,19, 2017)

芳賀秀郷、船登雅彦、上間裕二、蜂須貢、落合裕隆、大林真幸、礒良崇、西中直也、槇宏太郎、三邉武幸:複数の加速度センサを用いたマウスガード効果についての動作解析方法
(第28回 日本臨床スポーツ医学会学術集会、東京、2017年11月18日-19日)

吉田寛, 須澤徹夫, 上條竜太郎, 槇宏太郎:
マウス鼻甲介に局在する神経堤由来細胞の硬組織再生法への応用
(第64回昭和大学学士会総会, 東京, 2017年11月25日)

永田 愛、中山 希世美、中村 史朗、望月 文子、井上 富雄、槇 宏太郎:
咬筋運動ニューロンへのシナプス入力に対するセロトニンの影響
(第64回昭和大学学士会総会,東京,2017年11月25日)

疋田悠, 山口徹太郎, 冨田大介, 中脇貴俊, 槇宏太郎:GHR遺伝子は歯牙長の決定に関与する.
(第64回昭和大学学士会総会, 東京, 2017年11月25日)

長山和弘, 宮本洋一, 上條竜太郎, 槇宏太郎:
マウス骨細胞様Ocy454細胞における8-nitro-cGMPの生成と機能
(第64回昭和大学学士会総会, 東京, 2017年11月25日)

関 雄介、山口徹太郎、槇 宏太郎、黄川田 徹、荒木康友:CBCT
CBCTを用いた鼻呼吸障害における鼻上顎複合体の形態的特徴
(第64回昭和大学学士会総会, 東京, 2017年11月25日)




土佐望美、土佐泰祥、吉本信也、中納治久、マンジャーノ N.A.・ジーン・ビビエ、
黒木知明、槇宏太郎、門松香一:マダガスカル医療協力における初回口蓋形成術後の口蓋瘻孔発生とその要因についての研究.
(第344回昭和大学学士会例会.東京.2018年2月10日)

その他


槇 宏太郎:
(基調講演)歯科矯正治療 –意義の再考と過大の解決に向けて-
日本歯科保存学会 平成29年度春季学術大会 , 2017年6月8日(青森)

槇 宏太郎:
(招待講演)Advanced Technology in Orthodontics. The Robot patient project. Treatment in orthodontic withlight forces. Prediction of future technology in orthodontic.
Genius Summit 2017 , 2017年6月25日(Paris)

槇 宏太郎:
(講演)アライナー矯正に関する臨床的知見と力学解析
東京歯科大学 理工学講座 , 9月15日(東京)

槇 宏太郎:
(特別講演)日本の未来のための歯科治療
昭和大学合同同窓会 , 2017年11月4日(神奈川・相模大野)

槇 宏太郎
(テレビコメント)劇的な進化
新・情報7daysニュースキャスター , 2017年11月25日 (TBS)

中納治久:
講演(ランチョンセミナー)
中納治久,梅川克己,髙梨知宏,槇宏太郎;歯科におけるデジタル技術の応用.
(第41回日本口蓋裂学会総会,東京,2017年5月19日)

中納治久:
講演、講義
「歯科医師(矯正歯科医)とは?」
(昭和女子大学附属中学校・昭和高等学校,東京,2017年7月7日)

中納治久:
シンポジウム
昭和大学における口唇口蓋裂患者の第2期矯正治療
(平成29年度 若手のための夏の口唇裂・口蓋裂矯正治療勉強会,東京,2017年8月24日)

中納治久:
ラウンドテーブルディスカッション(RTD)
3次元データの機械学習を用いた歯冠・歯根形態のクラスタリング
(第76回日本矯正歯科学会大会,札幌,2017年10月19日)

山口徹太郎、木村亮介、槇宏太郎:
シンポジウム
咬合異常に係るヒトゲノム解析. 
(第122回 日本解剖学会. 長崎. 2017年3月28-30日)

山口徹太郎:
講演
咬合異常に係る病因について. 
(平成29年度口腔保険研修会. 東京. 2017年4月16日)


長濱諒:
講演(ランチョンセミナー)
長濱諒,槇宏太郎;鄂顔面部画像診断におけるコーンビームCTの有用性.
(第41回日本口蓋裂学会総会,東京,2017年5月19日)

長濱諒:
講演(ランチョンセミナー)
長濱諒,槇宏太郎;鄂顔面部画像診断におけるコーンビームCTの有用性.
(第1回先進歯科画像研究会,東京,2017年7月23日)


槇 宏太郎:
ロボット見学実習
5月23日(火):ドイツの歯科医師
6月21日(水):香港大学の学生
7月23日(日):オープンキャンパス
9月20日(水):インドの学生
10月10日(火):ドイツの歯科医師 
10月25日(水):ドイツの歯科医師
11月1日(水):インドネシア(バリ島)のトリサクティ大学歯学部
アーカイブ
  • 設備
  • 研究・教育
  • 矯正歯科診療
  • 木真会
  • 研究の紹介研究の紹介

    本教室における研究の目標は、いかに科学的に矯正臨床における諸問題を解決するかの一点にあります。

  • 業績について業績について

    矯正学教室の年度別の業績目録を紹介しています。

  • 受賞受賞

    昭和大学歯科矯正学教室(槇 宏太郎教授就任後)の、学会発表における、学会賞受賞の記録です。

  • 設備
  • 研究・教育
  • 矯正歯科診療
  • 木真会
pagetop