お問い合わせはこちら 03-3787-1151

一般的な装置 Orthodontic devices

一般的な装置

マルチブラケット装置

マルチブラケット装置

最もスタンダードな矯正装置です。「ブラケット」と呼ばれる小さな装置を歯に取り付け、中心にある溝にワイヤーを通すことで歯を動かしていきます。

ほとんどの症例に対応することができます。

ブラケットの種類

ブラケットの素材には一般的な金属製のものから審美性の高い透明なプラスチック製やセラミック製のもの、自然な白色のジルコニア製のもの(ジルコニアブラケット)まで様々な種類があり、患者様のご要望に合わせてお選びいただけます。

矯正を楽しむカラーゴム

ブラケットにワイヤーを固定するためには、数ミリサイズの小さな輪ゴムを使用しますが、この輪ゴムは、カラーが数十種類もあり、患者様の気分に合わせて着せ替え感覚で楽しむことができます。

治療期間を短縮させる装置

歯科矯正用アンカースクリュー

インプラント矯正

歯科矯正用アンカースクリューとは、小さなチタン合金のスクリューの名称で、ワイヤーの矯正治療と併用し、 短期間で効率よく、最善の治療結果を得るために使用されます。

顎骨にミニスクリューを埋め込み、 それをワイヤーの固定源として歯を引っ張ることで、反作用もなく多くの歯を一度に動かすことができるため、 治療期間を短縮させることが可能です。なお、埋め込んだミニスクリューは治療後に取り外します。

機能的矯正装置

ワイヤーやゴムなどの力ではなく、口の周りや顎顔面の筋肉の力、口腔機能を利用して矯正治療を行なう装置のことです。
この装置には以下のようにいくつか種類があります。

アクチベーター(可徹式)

アクチベーター(可徹式)

口腔機能を利用する取り外しの装置。上顎前突(出っ歯)や開咬の治療に使用します。

顎の位置を前に誘導して成長を促したり、上前歯にあたる部分に付いているワイヤーで前歯を中に押し込んだりしながら治療を行ないます。

リップバンパー(可撤式)

リップバンパー(可撤式)

口唇圧を制御して歯軸の傾斜の改善や、永久歯が出るスペースを確保したり、反対咬合の改善などの目的に下顎(下の歯)に使用します。

加強固定装置

歯を動かすための固定源を保護し、より固定を強化するための装置のことを指します。

Nanceのホールディングアーチ(固定式)

Nanceのホールディングアーチ(固定式)

永久歯の抜歯を行なう矯正治療において、上顎の奥歯が必要以上に前方に移動してこないように、ストッパーの役割をはたす固定式の矯正装置です。

リンガルアーチ(固定式)

リンガルアーチ(固定式)

左右それぞれの奥歯に巻きつけた金属のバンドを固定源として、ワイヤーを歯の内側にアーチ状通した矯正装置です。歯列の拡大や前歯の移動の際に使用します。

拡大装置

歯列の拡大を行なう矯正装置で、固定式のものと可撤式(取り外しができるもの)があります。

急速拡大装置(固定式)

急速拡大装置(固定式)

装置中央の拡大ネジを毎日少しずつ回すことにより、約1~3ヵ月の短期間で顎の幅と歯列の幅を広げます。顎骨が成長過程にある第二次性徴の終わり頃までが主な対象年齢です。

緩徐拡大装置(可撤式)

緩徐拡大装置(可撤式)

コイルのように曲げたワイヤーの弾力によって、歯列に弱い力を与えて、歯列の幅を押し広げる装置です。歯列の拡大に要する期間は半年~1年以上と、長期にわたって少しずつ拡大を行なっていきます。

ポーター(固定式)

ポーター(固定式)

ループ状に曲がったワイヤーで、歯列に持続的に力を与えて、歯列の幅を押し広げる装置です。

顎外固定装置

口腔外(頭部あるいは頚部など)を抵抗源とする矯正装置です。

ヘッドギア

ヘッドギア

上顎のコントロール、奥歯の後退について固定する装置です。上顎の前歯を最大限後退させる必要がある場合に、マルチブラケット装置と併用して使用されます。

上顎前方牽引装置

上顎前方牽引装置

上顎のコントロールを行なう装置です。成長期間の上顎に前方への力をかけ続けることによって上顎骨の成長を促進し、反対咬合(受け口)を治療します。

チンキャップ

チンキャップ

顎を押さえることで、下顎骨の成長を抑制し、下顎(または下顎の歯)を後方へ移動させる装置です。

保定装置(可撤式)

保定装置(可撤式)

リテーナーともいい、矯正治療で動かした歯を安定させるための装置です。

タングガード(可徹式)

タングガード(可徹式)

舌の前方への移動をガードするワイヤーです。開咬や舌癖がある場合に使用します。

  • 症例
  • 設備
  • 研究・教育
  • 矯正歯科診療
  • ブログ
  • 木真会
pagetop