お問い合わせはこちら 03-3787-1151

受賞 Research and education

第75回 日本矯正歯科学会大会

受賞名:優秀ポスター賞 受賞

日時: 平成28年11月7-9日 

会場 アスティとくしま


演題名:蓄積されたテシタル歯列モデルを用いた歯冠形態のクラスタリング

演者:中納治久、大竹亮介、梅川克己、槇宏太郎


演題名:Williams症候群の一例:5歳から24歳の治療経過 

演者:山口徹太郎、代田達夫、芳賀秀郷、常岡美里、降旗真由、高橋正皓、長濱諒、槇宏太郎


演題名:疾患特異的iPS細胞を用いた原発性萌出不全発症機序の解析 

演者:泉田恵理、宮本洋一、山口徹太郎、須澤徹夫、上條竜太郎、槇宏太郎


演題名:成長ホルモン受容体(GHR)遺伝子多型と三次元的な下顎骨形態との関連

演者:中脇貴俊、山口徹太郎、冨田大介、疋田悠、鈴木洋子、MohamedAdel木村亮介、槇宏太郎

アーカイブ
  • 症例
  • 設備
  • 研究・教育
  • 矯正歯科診療
  • ブログ
  • 木真会
  • 研究の紹介研究の紹介

    本教室における研究の目標は、いかに科学的に矯正臨床における諸問題を解決するかの一点にあります。

  • 業績について業績について

    矯正学教室の年度別の業績目録を紹介しています。

  • 受賞受賞

    昭和大学歯科矯正学教室(槇 宏太郎教授就任後)の、学会発表における、学会賞受賞の記録です。

  • 症例
  • 設備
  • 研究・教育
  • 矯正歯科診療
  • ブログ
  • 木真会
pagetop