お問い合わせはこちら 03-3787-1151

研究の紹介 Research and education

歯顎顔面用コーンビームCTの開発と利用

当教室では、日立メディコテクノロジー社とともに、一本の歯から顎顔面領域までを高精度で撮影可能な歯科用コーンビームX線CTを開発しました。

従来の医用CTを歯科応用する際に問題となっていた、被爆線量や縦方向の解像度、撮影時間、設置面積などの問題をクリアし、低被爆で高解像の撮影を可能としました。

従来のパノラマX線写真と単純X線写真の組み合わせによる画像診断は、実際の歯や顎骨の構造や位置関係を医師の頭の中で推測する必要がありましたが、コーンビームCTを導入することにより、顎骨内の状況をより正確に把握することが可能になりました。

  • 研究の紹介研究の紹介

    本教室における研究の目標は、いかに科学的に矯正臨床における諸問題を解決するかの一点にあります。

  • 業績について業績について

    矯正学教室の年度別の業績目録を紹介しています。

  • 受賞受賞

    昭和大学歯科矯正学教室(槇 宏太郎教授就任後)の、学会発表における、学会賞受賞の記録です。

  • 設備
  • 研究・教育
  • 矯正歯科診療
  • 木真会
pagetop