お問い合わせはこちら 03-3787-1151

業績について Research and education

平成24年度 矯正学講座 業績目録

原著
斉藤 極,木村 仁,伊能教夫,小関道彦,藤川泰成,小川尚己,槇 宏太郎:
個体別顎運動表示システムによる上下歯列の干渉状態の観察手法の開発.
顎顔面バイオメカニクス誌,17:31-34,2011

伊能教夫,原 一貴,木村 仁,渡邊みゆき,槇 宏太郎:
熱可塑性樹脂製矯正装置の矯正時に働く歯根膜応力状態の推定.
顎顔面バイオメカニクス誌,17:35-38,2011
Tanzawa T, Futaki K, Tani C, Hasegawa T, Yamamoto M, Miyazaki T, Maki K:
Introduction of a robot patient into dental education.
Eur J Educ, 16:e195-e199,2012
岡野友宏,新井嘉則,伊藤公一,須田英明,西堀雅一,槇 宏太郎,朝田芳信,林 孝文:
歯科診療における歯科用コーンビームCTの基礎的・臨床的評価.
日歯医学会誌,31:64-68,2012
Shibazaki-Yorozu R,Wang Q, Dechow P.C, Maki K, Opperman L.A:
Changes in biomechanical strain and morphology of rat calvarial sutures and bone after Tgf-β3 inhibition of posterior interfrontal suture fusion.
Anatomical Rec,295:928-938,2012
Saitou K, Inou N, Kimura H, Fujikawa T, Ogawa N, Maki K:
Synthesis of mandibular movements from basic motion modes considering dynamic profile of masticatory muscles.
J Biomechanical Sciece and Engineering.7:223-236,2012
新 真紀子,山口徹太郎,栗原祐史,古谷亮子, 筒井佐和子,二木克嘉,太田真実,代田達夫,新谷 悟,槇 宏太郎:
昭和大学歯科病院における10年間の顎変形症治療に関する検討.
日顎変形誌,22:264-269,2012
小林正治,斉藤 力,飯田順一郎, 井上農夫男,後藤滋巳, 後藤昌昭,斉藤 功,白土雄司,清水典佳,須佐美隆史,高野伸夫,原田 清,槇 宏太郎, 森山啓司:
顎変形症診療ガイドライン策定のために収集したpatient questionの分析.
日顎変形誌,22:270-274,2012
Iwai-Yoshida M, Shibata Y, Wurihan, Suzuki D, Fujisawa N, Tanimoto Y, Kamijo R , Maki K, Miyazaki T:
Antioxidant and osteogenic properties of anodically oxidized titanium.
J Mech Behav Biomed Mater, 13:230-236,2012
Joshi V, Yamaguchi T, Matsuda Y, Kaneko N, Maki K, Okano T:
Skeletal maturity assessment with the use of cone-beam computerized tomography.
Oral Surg Oral Med Oral Pathol Oral Radiol,113:841-849, 2012
Park JH, Yamaguchi T, Watanabe C, Kawaguchi A, Haneji K, Takeda M, Kim YI, Tomoyasu Y, Watanabe M, Oota H, Hanihara T, Ishida H, Maki K, Park SB, Kimura R:
Effects of an Asian-specific nonsynonymous EDAR variant on multiple dental traits.
J Hum Genet,57:508-514, 2012.
Lee WC, Yamaguchi T, Watanabe C, Kawaguchi A, Takeda M, Kim YI, Haga S, Tomoyasu Y, Ishida H, Maki K, Park SB, Kimura R:
Association of common PAX9 variants with permanent tooth size variation in non-syndromic East Asian populations.
J Hum Genet,57:654-659, 2012.
Ohta M, Yamaguchi T, Katayama K, Funatsu T, Maki K:
Evaluation of the epiglottis with cone beam x-ray CT.
Hosp Dent Oral-Maxillofac Surg, 24:131-136, 2012
Sugiura M, Yamaguchi T, Asama Y,  Katayama K, Ota M, Maki K:
Three-dimensional cone beam computed tomography evaluation of asymmetrical mandibles. Hosp Dent Oral-Maxillofac Surg, 24:137-141, 2012
総説
槇 宏太郎:
審美歯科治療に対する一矯正歯科医からの提言
歯科審美,24:83-86,2012
山口 徹太郎:
新しい矯正歯科臨床のための遺伝.
東京矯歯誌,22:28-34,2012
中納治久,槇 宏太郎:
健康保険が適用可能な歯科矯正治療.
東都歯医師会誌,60:683-690,2012
山口徹太郎,鈴木一成,山本松男,槇 宏太郎:
歯の空間的要因:歯の傾斜、隣在歯との関連、歯槽間骨量の確保.
季刊 歯科医療,春号,26:50-62,2012
Yamaguchi T:
(Mini-Review of the Kamijo Grant Prize Lecture,2011) Genome analysis for elucidation of genetic factors in orofacial traits and diseases.
Dental Med Res.32:168-173,2012 
山口徹太郎,槇宏太郎:
日本人原発性萌出不全症例における全エクソンシークエンスによる新規PTH1R遺伝子変異の同定.
クインテッセンス出版株式会社 別冊 臨床家のための矯正YEAR BOOK '2012, p117,2012
Yamaguchi T:
Genome analysis for elucidation of genetic factors in orofacialtraits and diseases. Dental Med Res, 32:168-173, 2012
症例報告
久保田雅人,大山晃代,槇 宏太郎:
長期的観察を行っている著しい下顎偏位および多数歯補綴治療を伴った骨格性下顎全突外科症例.
Dental Med Res,32:97-102,2012
Yamaguchi T, Suzuki K, Tomoyasu T, Yamamoto M, Maki K:
Interdisciplinary treatment of aggressive periodontitis: Three-dimensional cone beam X-ray computed tomographyevaluation.
Pathogenesis and Treatment of PeriodontitisInTech: January 2012. Pathogenesis and Treatment of Periodontitis. Chapter 8,pp127-144.
Shirota T, Hishida M, Yamaguchi T, Kurabayashi H, Maki M, Shintani S:
Posterior maxillary segmental distraction for the treatment of severe lateral open bite caused by primary failure of tooth eruption: A case report.
J Oral Maxillofac Surg Med Pathol, 25:39-42,2013
著書
中島栄一郎,槇 宏太郎編: 
知りたい・聞きたい矯正歯科Q&A.
東京,2012,クインテッセンス出版(株)
槇 宏太郎:
人の一生から考える矯正歯科治療の意義
別冊 臨床家のための矯正YEAR BOOK '2012,東京,2012, クインテッセンス出版,p38-41
山口徹太郎,槇 宏太郎:
日本人原発性萌出不全症例における全エクソンシークエンスによる新規PTH1R遺伝子変異の同定.
別冊 臨床家のための矯正YEAR BOOK '2012,東京,2012, クインテッセンス出版,p117
山口徹太郎,鈴木一成,山本松男,槇 宏太郎:
歯の空間的要因:歯の傾斜、隣在歯との関連、歯槽間骨量の確保.
季刊 歯科医療. 春号 2012年 Vol. 26, No. 2, p50-62
Yamaguchi T, Suzuki K, Tomoyasu T, Yamamoto M, Maki K:
Interdisciplinary treatment of aggressive periodontitis: Three-dimensional cone beam X-ray computed tomography evaluation.
InTech, January 2012. Pathogenesis and Treatment of Periodontitis. Chapter 8 pp127-144
Yamaguchi T, Takahashi M, Kurihara A, Fujikawa T, Asama Y, Shirota T, Maki K:
The advantages of CBCT in various applications for an aid inevaluationg the treatment of bone invasion in cancer of the maxillofacial and nasopharyngeal regions.
T. Tachikawa (Ed). The New Frontiers in Researchfor Oral Cancer. Maruzen Planet (Tokyo) Pp. 197-209, 2012
槇 宏太郎,中納治久,関 健次:
アンカースクリュー植立の為の口腔解剖.
後藤滋巳,清水典佳,森山啓司,宮澤 健,槇 宏太郎,石川博之編:
安心・安全 歯科矯正用アンカースクリュー この症例にこの方法.
東京,2013年1月,医歯薬出版(株),p28-35
学会報告
Shibazaki-Yorozuya R, Yamada A,Ueda K, Miller AJ,Maki K:
Three-dimensional longitudinal changes in craniofacial growth in
untreated Hemifacial microsoima patients using cone beam computed
tomography(CBCT).
(112th Annual Session of American Association of Orthodontic, Honolulu,
May,2012)
山屋祥子,佐藤友紀,槇 宏太郎:
片側及び両側唇口蓋裂における鼻中隔形態の違いー鋤骨の三次元的形態解析?.
日口蓋誌,37:174
(第36回日本口蓋裂学会総会・学術集会,京都,2012年5月)
佐藤友紀,土佐泰祥,木村智江,保阪善昭,吉本信也,槇 宏太郎:
Two Flap口蓋形成法による顎顔面の成長発育について.
日口蓋誌,37:174
(第36回日本口蓋裂学会総会・学術集会,京都,2012年5月)
萬屋礼子,山田 朗,永田 悟,上田晃一,Miller Arthur J,槇 宏太郎: 
Hemifacial Microsomiaの頭蓋顎顔面形態の成長様相は既存の分類と異なる.
日顎変形誌,22:130
(第22回日本顎変形症学会総会,福岡,2012年6月)
新 真紀子,山口徹太郎,栗原祐史,古谷亮子,筒井佐和子,二木克嘉,代田達夫,新谷 悟,槇 宏太郎:
昭和大学歯科病院における10年間の顎変形症治療に関する検討.
日顎変形誌,22:146
(第22回日本顎変形症学会総会,福岡,2012年6月)
小林正治,斉藤 力,飯田順一郎,井上農夫男,後藤滋巳,後藤昌昭,斉藤 功,白土雄司,清水典佳,須佐美隆史,高野伸夫,原田 清,槇 宏太郎,森山啓司:
顎変形症診療ガイドライン索定におけるPatient Questionの収集と分析結果.
日顎変形誌,22:149
(第22回日本顎変形症学会総会,福岡,2012年6月)
葭葉清香,代田達夫,山口徹太郎,新 真紀子,栗原祐史,槇 宏太郎,新谷 悟:
上下顎移動術を施行した顎変形症患者における顎顔面形態の術後変化.
日顎変形誌,22:171
(第22回日本顎変形症学会総会,福岡,2012年6月)
中納治久,吉田美智,藤島昭宏,高野直樹,宮崎 隆,槇 宏太郎:
ヒト下顎骨における海面骨を考慮した大規模動的解析.
 第32回日本骨形態計測学会賞受賞
日骨形態誌,22:S80
(第32回日本骨形態計測学会,大阪,2012年6月)
Maki k:
Morphology and functions in the dento-maxillo-facial formation.
(8th International Bend-Spiessl-Symposium,Basel,Switzerland,June.2012)
Yamaguchi T, Atarashi M, Shirota T, Shintani S, Maki K:
Surgical orthodontic treatment of jaw deformities at the Showa University Dental Hospital: a retrospective analysis of 726cases over 10years.
(8th International Bend-Spiessl-Symposium,Basel,Switzerland,June.2012)
Asama Y,Shirota T, Yamaguchi T, Shintani A, Maki K:
Usefulness of surgical simulation using actual models in which three dimensional dentition model and CT images are integrated.
(8th International Bend-Spiessl-Symposium,Basel,Switzerland,June.2012)
Shirota T, Asama Y, Kurihara Y, Yamaguchi Y,Kondo S, Maki K,Shintani S:
Diagnosis and treatment of severe skeletal malocclusion using three dimensional model.
(8th International Bend-Spiessl-Symposium,Basel,Switzerland,June.2012)
山口徹太郎:
(特別講演)顎口腔領域における疾患と形質の遺伝因子を解明する.
(第32回昭和歯学会総会,東京,2012年7月)
新 真紀子,山口徹太郎,栗原祐史,古谷亮子,筒井佐和子,二木克嘉,代田達夫,新谷 悟,槇 宏太郎:
昭和大学歯科病院における顎変形症治療の臨床統計的検討.
(第32回昭和歯学会総会,東京,2012年7月)
野瀬佳奈,綿引淳一,山本 剛,市川雄大,山田一之,前川素子, 榎本明子,南保友樹,田口智博,小野美樹,美島健二,吉川武男,槇 宏太郎:
成長発育期の軟食は精神疾患発症の脆弱性を高める可能性がある.
(第32回昭和歯学会総会,東京,2012年7月)
吉村健太郎,宮本洋一,秋山智人,星野真理江, 宮本 尚,塚崎雅之,山田 篤,槇 宏太郎,馬場一美,上條竜太郎:
骨芽細胞分化におけるモノカルボン酸トランスポーターの役割.
(第32回昭和歯学会総会,東京,2012年7月)
栗原清佳,代田達夫,栗原祐史,佐藤友紀,山口徹太郎,倉林仁美,槇 宏太郎,新谷 悟:
当科における顎裂部骨移植に関する臨床統計的調査 -最近の7年間について-.
(第32回昭和歯学会総会,東京,2012年7月)
方山光朱,山口徹太郎,槇 宏太郎:
コーンビームCTによる成人症例の下顎骨骨体体積評価.
東京矯歯誌,22:125.
 (第71回東京矯正歯科学会大会,東京,2012年7月)
南保友樹,綿引淳一,田口智博,市川雄大,山本 剛,榎本明子,小野美樹,野瀬佳奈,入江太朗,美島健二,槇 宏太郎:
凍結乾燥処理を行った歯を用いた新たな顎骨再生療法の開発・検討.
 (第10回日本再生歯科医学会学術大会・総会,神戸,2012年9月)
野瀬佳奈,綿引淳一,山本 剛,市川雄大,前川素子,榎本明子,南保友樹,美島健二,吉川武男,槇 宏太郎:
離乳時からの軟食は精神疾患の発症リスクを高める可能性がある.
J Oral Biosci.Suppl. 2012,p114
(第54回歯科基礎医学会学術大会ならびに総会,郡山 ,2012年9月)
秋山智人,宮本洋一,山田 篤,高見正道,吉村健太郎,星野真理江,宮本 尚,槇 宏太郎,馬場一美,上條竜太郎:
歯周病原菌由来リシン特異的ジンジバインはオステオブロテゲリンを優先的に分解しTNF-αおよびIL-1βによる歯骨細胞分化を促進する.
J Oral Biosci.Suppl. 2012,p127
(第54回歯科基礎医学会学術大会ならびに総会,郡山,2012年9月)
綿引淳一,野瀬佳奈,田口智博,山本剛,山田一之,前川素子,南保友樹,市川雄大,小野美樹,美島健二,吉川武男,槇宏太郎:
離乳直後からの軟食は、プレパルス抑制試験の低下を引き起こし、脳における遺伝子発現プロファイルにおいても変化をもたらす.
(第35回日本神経科学会,名古屋, 2012年9月)
槇 宏太郎:
(シンポジウム)『これからの矯正歯科医療を考える』将来戦略としての意義の検証と技法の拡大.
第71回日本矯正歯科学会大会プログラム抄録集,pp84.
 (第71回日本矯正歯科学会大会,盛岡,2012年9月)
伊藤真帆,高橋満理子,槇 宏太郎:
3T MRIを用いた体積・断面積測定精度に関する検討.
第71回日本矯正歯科学会大会プログラム抄録集,pp136.
 (第71回日本矯正歯科学会大会,盛岡,2012年9月)
伊藤真帆,高橋満理子,槇 宏太郎:
顎顔面形態と咀嚼筋体積の関係について.
第71回日本矯正歯科学会大会プログラム抄録集,pp136.
 (第71回日本矯正歯科学会大会,盛岡,2012年9月)
野瀬佳奈,綿引淳一,山本 剛,市川雄大,山田一之,前川素子,榎本明子,南保友樹,田口智博,小野美樹,美島健二,吉川武男,槇 宏太郎:
成長発育期の軟食と精神疾患発症との関連性について(第二報).
第71回日本矯正歯科学会大会プログラム抄録集,pp137.
 (第71回日本矯正歯科学会大会,盛岡,2012年9月)
栗原亜由美,槇 宏太郎:
気道形態の違いによる呼吸時の流体について.
第71回日本矯正歯科学会大会プログラム抄録集,pp149.
 (第71回日本矯正歯科学会大会,盛岡,2012年9月)
中納治久,吉田美智,藤島昭宏,中島 功,高野直樹,中村雅典,宮崎 隆,槇 宏太郎:
ヒト下顎骨における海綿骨を考慮した大規模動的解析.
第71回日本矯正歯科学会大会プログラム抄録集,pp153.
 (第71回日本矯正歯科学会大会,盛岡,2012年9月)
竹内陽平,伊能教夫,小関道彦,槇 宏太郎:
各種哺乳類における下顎頭形状の生体力学的考察 -関節円板転位の発症メカニズムについてー.
第71回日本矯正歯科学会大会プログラム抄録集,pp154.
 (第71回日本矯正歯科学会大会,盛岡,2012年9月)
小野美樹,高見正道,須沢徹夫,綿引淳一,榎本明子,南保友樹,田口智博,市川雄大,野瀬佳奈,上條竜太郎,槇 宏太郎:
口腔粘膜上皮のケラチノサイトの一部は神経堤に由来する.
第71回日本矯正歯科学会大会プログラム抄録集,pp160.
 (第71回日本矯正歯科学会大会,盛岡,2012年9月)
市川雄大,綿引淳一,田口智博,南保友樹,小野美樹,榎本明子,野瀬佳奈,山本 剛,美島健二,槇 宏太郎:
顎骨骨膜に特異的に発現する遺伝子の探索と機能解析.
第71回日本矯正歯科学会大会プログラム抄録集,pp166.
 (第71回日本矯正歯科学会大会,盛岡,2012年9月)
市川雄大,綿引淳一,田口智博,南保友樹,小野美樹,榎本明子,野瀬佳奈,山本 剛,美島健二,槇 宏太郎:
下顎頭軟骨の組織特異性の探索と機能解析.
第71回日本矯正歯科学会大会プログラム抄録集,pp166.
 (第71回日本矯正歯科学会大会,盛岡,2012年9月)
山口徹太郎,中岡博史,山本 健,藤川泰成,澁澤龍之,芳賀秀郷,方山光朱,木村亮介,井ノ上逸朗,槇 宏太郎:
ゲノムワイド関連解析から同定される顎関節変形性関節症の新規感受性遺伝子座位.
第71回日本矯正歯科学会大会プログラム抄録集,pp227.
 (第71回日本矯正歯科学会大会,盛岡,2012年9月)
綿引淳一, 野瀬佳奈,山田一之,槇 宏太郎:
幼少期の軟食は精神疾患の発症リスクを高める可能性がある.
 口頭発表優秀賞 受賞
(第23回日本咀嚼学会総会・学術大会,札幌,2012年10月)
芳賀秀郷,山口徹太郎,中岡博史,山本 健,方山光朱,木村亮介,槇 宏太郎,井ノ上逸朗:
ゲノムワイド関連解析を用いた第三大臼歯(親知らず)先天欠如に関与する遺伝学的背景の探索.
(第57回日本人類遺伝学会,東京,2012年10月)
平 竜太郎,池上健太,高野直樹,中納治久:
海綿骨を考慮したヒト下顎骨のマイクロCTイメージベース動的FEM解析.
(第25回日本機械学会計算力学講演会,神戸,2012年10月)
齊藤 極,伊能教夫,木村 仁,藤川泰成,竹内陽平,槇 宏太郎: 
基本運動モードに基づく咀嚼時の下顎運動分析.
第23回バイオフロンティア講演会 講演論文集No.12-47, pp.197-198.
(日本機械学会 第23回バイオフロンティア講演会, 弘前, 2012年10月)

佐藤丈寛,川口亮,石田肇,山口徹太郎,山本  健,河村正二,中込滋樹,間野修平,埴原恒彦,太田博樹,渡辺千晶,山口今日子,木村亮介:
ゲノムワイドSNPsデータに基づく琉球列島民の集団構造.
(第66回日本人類学会,東京,2012年11月)
木村亮介,渡辺千晶,山口徹太郎,槇 宏太郎,武田麻耶子,川口 亮,石田 肇:
WNT10Aの多型は歯冠サイズと関連する.
(第66回日本人類学会,東京,2012年11月)
方山光朱,山口徹太郎,槇 宏太郎:
コーンビームCTによる日本人成人下顎骨体積評価.
第66回日本人類学会大会プログラム,pp23
(第66回日本人類学会,神奈川,2012年11月)
槇 宏太郎:
(シンポジウム)健康によりよく生きる-well-beingのための歯科矯正治療-
 矯正治療の意義を再考する.
日歯医師会誌(第22回日本歯科医学会総会プログラム・事前抄録集),65:47
(第22回日本歯科医学会総会,大阪,2012年11月)
二木克嘉,丹澤 豪,栗原亜由美,方山光朱,倉林仁美,五島衣子,吉濱泰斗,谷 千尋,長谷川篤司,山本松男,井上美津子,宮崎 隆,槇 宏太郎:
 (テーブルクリニック)患者シミュレーションロボットの創出と歯科医学教育への導入.
日歯医師会誌(第22回日本歯科医学会総会プログラム・事前抄録集),65:89
(第22回日本歯科医学会総会,大阪,2012年11月)
二木克嘉,丹澤 豪,方山光朱, 栗原亜由美,倉林仁美,五島衣子,吉濱泰斗,谷 千尋,長谷川篤司,山本松男,井上美津子,宮崎 隆,槇 宏太郎:
ヒト型患者ロボットを用いたシミュレーション教育の成果.
第22回日本シミュレーション外科学会プログラム・抄録集,pp42.
(第22回日本シミュレーション外科学会,東京,2012年11月)
中納治久,吉田美智,高野直樹,槇 宏太郎:
ヒト下顎骨における海綿骨を考慮した大規模動的解析.
第39回日本臨床バイオメカニクス学会プログラム・抄録集,pp124.
(第39回日本臨床バイオメカニクス学会,幕張,2012年11月)
栗原亜由美,伊能教夫,槇 宏太郎:
呼吸の流れに影響を与える小児の上気道形態の比較.
(第20回顎顔面バイオメカニクス学会,東京,2012年11月)
齊藤 極,木村 仁,伊能教夫,藤川泰成,竹内陽平,槇 宏太郎:
顎運動診断システムを用いた咀嚼時の臼歯運動路と咀嚼筋群挙動の把握.
(第20回顎顔面バイオメカニクス学会,東京,2012年11月)
Katayama K, Yamaguchi T, Maki K:
Comparison of cephalometric analysis and mandibular bone volume in adult Japanese cases.
Dent Med Res, 33:133,2013
(第32回昭和歯学会例会,東京,2012年12月)
大田真実,山口徹太郎,方山光朱,槇 宏太郎:
コーンビームCTによる咽頭気道ならびに咽頭蓋の評価.
(第32回昭和歯学会例会,東京,2012年12月)
栗原亜由美, 槇 宏太郎:
呼吸の流れに影響を与える小児の上気道形態の比較.
(第32回昭和歯学会例会,東京,2012年12月)
Ito M, Takahashi M, Maki K:
Relationship Between Masticatory Muscle Volume and Craniofacial Morphology」
Dental Madicine Research 33,134,2013
(第32回昭和歯学会例会,東京,2012年12月)
鈴木 航,山田 篤,相澤 怜,鈴木 大,中山睦子,槇 宏太郎,山本松男,上條竜太郎,馬場一美:
CDC42の軟骨形成における機能解析.
(第32回昭和歯学会例会,東京,2012年12月)
Maki K:
(特別講演)Advanced technology and skills for elimination of treatment difficulty.
(第24回中華民国歯顎矯正学会,台北,2012年12月)
Ichikawa Y, Watahiki J,  Taguchi  T,  Mishima K, Maki K:
Jaw bone periosteum exhibits characteristics of neural crest origin cells.
(第24回中華民国歯顎矯正学会,台北,2012年12月)
Takeuchi Y, Inou N, Koseki M, Maki K:
A biomechanical study of condylar shape in mammals -About the pathogenic mechanism of TMJ disc displacement-.
The 24th Annual Meeting of Taiwan Association of Orthodontists Abstract Book.pp38
(第24回中華民国歯顎矯正学会,台北,2012年12月)
平 竜太郎,高野直樹,中納治久:
下顎骨の動的FEM解析のための海綿骨の均質化モデリング.
(第25回日本機械学会バイオエンジニアリング講演会,筑波,2013年1月)
栗原亜由美,伊能教夫,槇 宏太郎:
小児の上気道形態の違いにおける呼吸の流体力学解析.
(昭和大学歯学部文部科学省私立大学戦略的研究基盤形成支援事業,分子的理解に基づいた口腔癌の先天的研究-発症メカニズム解明からQOLの向上を目指した包括的リハビリテーションまでー,平成24年度シンポジウム,東京,2013年3月)
丸山範子,柴田 陽,宮崎 隆:
皮質骨のナノバイオメカニクス.
(昭和大学歯学部文部科学省私立大学戦略的研究基盤形成支援事業,分子的理解に基づいた口腔癌の先天的研究-発症メカニズム解明からQOLの向上を目指した包括的リハビリテーションまでー,平成24年度シンポジウム,東京,2013年3月)
松本貴志,山田 篤,鈴木 大,相澤 怜,鈴木 航,中山睦子,篠崎雅之,槇 宏太郎,山本松男,馬場一美,上條竜太郎:
Alx3によるBMP誘導性骨芽細胞分化制御機構の解明.
(昭和大学歯学部文部科学省私立大学戦略的研究基盤形成支援事業,分子的理解に基づいた口腔癌の先天的研究-発症メカニズム解明からQOLの向上を目指した包括的リハビリテーションまでー,平成24年度シンポジウム,東京,2013年3月)
藤田悠子,槇 宏太郎:
熱可塑性樹脂製歯列矯正装置の有限要素解析.
(昭和大学歯学部文部科学省私立大学戦略的研究基盤形成支援事業,デンタルイノベーションを目指した集学的研究拠点形成-アンチエイジングに貢献する新たな付加価値の創世-,
平成24年度シンポジウム,東京,2013年3月)
芳賀秀郷,山口徹太郎,方山光朱,槇 宏太郎:
永久歯欠如をもたらす遺伝因子の探索-第三大臼歯欠如におけるgenome wide関連解析からのアプローチ.
(昭和大学歯学部文部科学省私立大学戦略的研究基盤形成支援事業,次世代型口腔組織再生医療の研究開発拠点形成 ,平成24年度シンポジウム,東京,2013年3月)
須澤徹夫,宮内知彦,小野美樹,森澤絵里,高橋正皓,高見正道,山田 篤,宮本洋一,槇 宏太郎,馬場一美,大隈典子,上條竜竜太郎:
顎口腔組織の神経堤由来細胞を応用した骨再生法の開発.
(昭和大学歯学部文部科学省私立大学戦略的研究基盤形成支援事業,次世代型口腔組織再生医療の研究開発拠点形成 ,平成24年度シンポジウム,東京,2013年3月)
その他
槇 宏太郎:
(特別講演)新しい治療法への挑戦.
(オーラルバイオメカニクス研究会 1Day Seminar 5th,横浜,2012年7月29日)
槇 宏太郎:
歯並びキッチリ バッチリ健康に 生活習慣病になる前に歯列矯正.
 (サンケイスポーツ新聞 Dr.サンスポ6版,平成24年10月6日発行)
槇 宏太郎:
世界一受けたい授業 
(日本テレビ,2012年12月1日(土)19:56~20:54)
槇 宏太郎:
痛み感じる患者ロボ.
 (東京新聞.11版,2012年12月7日)
槇 宏太郎:
BOOMTOWM ASIA:Channel News Asia, 昭和花子
 (Singapore TV,2013年3月4日放送)
槇 宏太郎:
(Case Presentation)不思議な矯正治療法  ノンライゲーションブラケットを用いた新しい矯正治療.
 (J of GC Membership Society,144:39-43, Feb.2013)
まなべ!ニッポンのスゴワザ!世界が脱帽するMade in Japan,昭和花子2.
(関西テレビ放送,2013年3月16日放送)  
アーカイブ
  • 設備
  • 研究・教育
  • 矯正歯科診療
  • 木真会
  • 研究の紹介研究の紹介

    本教室における研究の目標は、いかに科学的に矯正臨床における諸問題を解決するかの一点にあります。

  • 業績について業績について

    矯正学教室の年度別の業績目録を紹介しています。

  • 受賞受賞

    昭和大学歯科矯正学教室(槇 宏太郎教授就任後)の、学会発表における、学会賞受賞の記録です。

  • 設備
  • 研究・教育
  • 矯正歯科診療
  • 木真会
pagetop