お問い合わせはこちら 03-3787-1151

業績について Research and education

平成23年度 矯正学教室 業績目録

原著
Ono M,Suzawa T, Takami M,Miyauchi T, Ogasawara Atsushi Yamada A, Tomohiko Hosono T, Arata S, Miyamoto Y, Baba  K, Nakamura M, Osumi N, Maki K, Kamijo :
Identification and isolation of neural crest derived cells in nasal concha.
Jpn. J. Tissue Cult. Dent. Res, 20(2):29-35, 2010
小野美樹, 高見正道, 須澤徹夫, 山田 篤, 宮内知彦, 林 竜平, 荒田 悟, 細野知彦, 馬場一美, 中村雅典, 槇 宏太郎, 西田幸二, 大隅典子, 上條竜太郎:
顎顔面口腔組織に存在する神経堤由来細胞の分布および性質の解析とその細胞を用いた骨芽細胞の分化誘導.
口腔組織培養誌, 20:5-6, 2010
斉藤 極,伊能教夫,木村 仁,小関道彦,藤川泰成,浅間雄介,小川尚己,槇 宏太郎:
個体別顎運動表示システムを用いた咀嚼筋群の動態把握.
顎顔面バイオメカニクス学誌,16:1-6,2010

馬場理香,伊能教夫,小関道彦,高橋満理子,中納治久,槇 宏太郎:
散乱X線補正法を用いたコーンビームCT下顎骨像における咬合条件下の有限要素解析.
顎顔面バイオメカニクス学誌,16:11-18,2010
馬場理香,伊能教夫,小関道彦,高橋満理子,中納治久,槇 宏太郎:
散乱X線補正法を用いた歯科用CT像における下顎骨の有限要素解析.
第18回顎顔面バイオメカニクス学会大会一般講演抄録
顎顔面バイオメカニクス学誌,16:19-22,2010
斉藤 極,木村 仁, 伊能教夫,小関道彦,藤川泰成,浅間雄介,小川尚己,槇 宏太郎:
個体別顎運動表示システムを用いた上下歯列の干渉状態の観察.
顎顔面バイオメカニクス学誌,16:23-25,2010
金井美有記,山口徹太郎,槇 宏太郎:
コーンビームCT画像による下顎 Symphysisの形態評価.
Dent.Med. Res, 31:16-23,2011
中川峰子,中島 還,山口徹太郎,槇 宏太郎:
咬合位と重心動揺に関する研究.
東京矯歯誌,21:1-6,2011
Yamaguchi M, Yamaguchi T, Ozawa N, Maki K, Shinba T:
Effects of food consistency on sleep and wakefulness in rats.
Orthod Waves, 70:95-100,2011
田邉 怜,藤島昭宏,真鍋厚史,宮崎 隆,槇 宏太郎:
ジルコニアセラミックス製試作ブラケットに対する矯正用接着剤の接着性向上のための表面処理ならびに表面改質効果.
Dent.Med.Res,31:102-112,2011
森田明子,澁澤龍之,新 真紀子,伊集院公美子,藤川泰成,槇 宏太郎:
両側性顎関節内障患者における顎顔面形態と顎関節病態との関連性 -正貌硬組織における対称性評価-.
Dent.Med.Res,31:130-135,2011
薄井俊朗,山本佐藤友紀,菱田桃子,倉林仁美,泉 朝望,両川ひろみ,槇 宏太郎:
術前顎矯正治療(NAM)が哺乳へ与える影響について -裂型別にみる哺乳障害の現状アンケート調査-.
Dent.Med.Res,31:136-142,2011
Yamaguchi Y,Tomoyasu Y,Shirota T, Takahashi M, Nakano H, Kurabayashi H, Shintani S, Maki K:
Craniofacial and dental characteristics of patients with primary failure of tooth eruption in Japanese.
Hosp.Dent,23:11-15,2011
山本(佐藤)友紀,菱田桃子, 倉林仁美,泉 朝望,両川ひろみ,山屋祥子,大久保文雄,土佐泰祥,門松香一,吉本信也,保坂善昭,槇 宏太郎:
Presurgical Nasoalveolar Molding(NAM)治療に対する保護者アンケート調査 -満足度と現状-.
日口蓋誌,36:191-201,2011
Shibusawa T, Shibusawa A, Maki K:
Long-term follow-up of a temporomandibular joint cyst.
Showa Univ J Med Sci, 23:237-242, 2011
Murakami A, Arimoto T, Suzuki D, Iwai-Yoshida M, Otsuka F, Shibata Y, Igarashi T, Kamijo R, Miyazaki T:
Antimicrobial and osteogenic properties of a hydrophilic-modified nanoscale hydroxyapatite coating on titanium.
Nanomedicine. 8:374-382.2012 
菱田桃子,中納治久,槇 宏太郎:
デジタルカメラを用いた天然歯の色の客観的評価について.
Orthodon Waves.70:125-133,2011.
総説
佐藤友紀:
口唇口蓋裂に対する術前顎矯正治療.
周産期医学,41:817-824,2011
症例報告
藤川泰成,澁澤龍之,槇 宏太郎:
上下第一小臼歯抜去により治療を行った変形性関節症を伴う開咬症例.
Dent.Med.Res,31:161-168,2011
著書
槇 宏太郎:
最新医療機器レポートリアルな口腔を実現、歯科用患者ロボット昭和花子2.
新「名医」の最新治療2012,朝日新聞出版,週刊朝日増刊号,P11,
佐藤友紀,槇 宏太郎(分担執筆):舌突出癖の除去により開咬の改善を行った症例.後藤滋巳,槇 宏太郎,石川博之,福田 理,居波 徹,嘉ノ海龍三編,幼児・学童期からの矯正歯科治療 乳歯・混合歯列期の不正咬合と障害児への対応.東京,2012,医歯薬出版株式会社,pp18-21,
中納治久,小野美樹,槇 宏太郎(分担執筆):埋伏した上顎中切歯の開窓、牽引を行った症例.後藤滋巳,槇 宏太郎,石川博之,福田 理,居波 徹,嘉ノ海龍三編,幼児・学童期からの矯正歯科治療 乳歯・混合歯列期の不正咬合と障害児への対応.東京,2012,医歯薬出版株式会社,pp38-41,
丹澤 豪,槇 宏太郎(分担執筆):骨格性不調和の改善により上顎前歯部萌出余地不足の解消を行った症例.後藤滋巳,槇 宏太郎,石川博之,福田 理,居波 徹,嘉ノ海龍三編,幼児・学童期からの矯正歯科治療 乳歯・混合歯列期の不正咬合と障害児への対応.東京,2012,医歯薬出版株式会社,pp50-53,
新 真紀子,槇 宏太郎(分担執筆):上顎側切歯の舌側転位の改善により早期接触の解消を行った症例.後藤滋巳,槇 宏太郎,石川博之,福田 理,居波 徹,嘉ノ海龍三編,幼児・学童期からの矯正歯科治療 乳歯・混合歯列期の不正咬合と障害児への対応.東京,2012,医歯薬出版株式会社,pp62-65,
友安洋子,槇 宏太郎(分担執筆):埋伏過剰歯の除去と大臼歯の遠心移動により永久歯萌出余地不足の解消を行った症例.後藤滋巳,槇 宏太郎,石川博之,福田 理,居波 徹,嘉ノ海龍三編,幼児・学童期からの矯正歯科治療 乳歯混合歯列期の不正咬合と障害児への対応.東京,2012,医歯薬出版株式会社,pp66-69,
田口智博,杉浦茉美,槇 宏太郎(分担執筆):下顎の成長発育促進と咬合挙上により上顎前突の改善を行った症例.後藤滋巳,槇 宏太郎,石川博之,福田 理,居波 徹,嘉ノ海龍三編,幼児・学童期からの矯正歯科治療 乳歯・混合歯列期の不正咬合と障害児への対応.東京,2012,医歯薬出版株式会社,pp94-97,

伊集院公美子,槇 宏太郎(分担執筆):歯列の側方拡大による萌出余地不足の解消と下顎の成長発育促進、咬合挙上により上顎前突の改善を行った症例.後藤滋巳,槇 宏太郎,石川博之,福田 理,居波 徹,嘉ノ海龍三編,幼児•学童期からの矯正歯科治療 乳歯•混合歯列期の不正咬合と障害児への対応.東京,2012,医歯薬出版株式会社,pp98-101,

中納治久,市川雄大,槇 宏太郎(分担執筆):態癖の解消と上顎歯列の側方拡大により交叉咬合の改善を行った症例.後藤滋巳,槇 宏太郎,石川博之,福田 理,居波 徹,嘉ノ海龍三編,幼児•学童期からの矯正歯科治療 乳歯•混合歯列期の不正咬合と障害児への対応.東京,2012,医歯薬出版株式会社,pp118-121,

田邉 怜,竹内陽平,槇 宏太郎(分担執筆):上顎前歯部の唇側移動により反対咬合の改善を行った症例.後藤滋巳,槇 宏太郎,石川博之,福田 理,居波 徹,嘉ノ海龍三編,幼児•学童期からの矯正歯科治療 乳歯•混合歯列期の不正咬合と障害児への対応.東京,2012,医歯薬出版株式会社,pp122-125,

中納治久,武井久美子,槇 宏太郎(分担執筆):上顎前歯部の唇側傾斜により反対咬合の改善を行った症例.後藤滋巳,槇 宏太郎,石川博之,福田 理,居波 徹,嘉ノ海龍三編,幼児•学童期からの矯正歯科治療 乳歯•混合歯列期の不正咬合と障害児への対応.東京,2012,医歯薬出版株式会社,pp126-129,

藤川泰成,槇 宏太郎(分担執筆):低位舌•舌突出癖の解消と下顎前歯部の舌側傾斜により反対咬合の改善を行った症例.後藤滋巳,槇 宏太郎,石川博之,福田 理,居波 徹,嘉ノ海龍三編,幼児•学童期からの矯正歯科治療 乳歯•混合歯列期の不正咬合と障害児への対応.東京,2012,医歯薬出版株式会社,pp130-133,

大嶋貴子,槇 宏太郎(分担執筆):上顎の成長発育促進により反対咬合の改善を行った症例.後藤滋巳,槇 宏太郎,石川博之,福田 理,居波 徹,嘉ノ海龍三編,幼児•学童期からの矯正歯科治療 乳歯•混合歯列期の不正咬合と障害児への対応.東京,2012,医歯薬出版株式会社,pp134-137,

友安洋子,槇 宏太郎(分担執筆):上顎の成長発育促進により反対咬合の改善を行った症例.後藤滋巳,槇 宏太郎,石川博之,福田 理,居波 徹,嘉ノ海龍三編,幼児•学童期からの矯正歯科治療
乳歯•混合歯列期の不正咬合と障害児への対応.東京,2012,医歯薬出版株式会社,pp138-141,

倉林仁美,槇 宏太郎(分担執筆):唇顎口蓋裂に対応し、上顎の成長発育促進により反対咬合の改善を行った症例.後藤滋巳,槇 宏太郎,石川博之,福田 理,居波 徹,嘉ノ海龍三編,幼児•学童期からの矯正歯科治療 乳歯•混合歯列期の不正咬合と障害児への対応.東京,2012,医歯薬出版株式会社,pp190-193,

学会報告
槇 宏太郎:
(教育講演)診断時における機能と構造のシミュレーション.
   (第28回日本医学会総会,東京,2011年4月)

Maki K: Orthognathic treatment planning based on CBCT and FEM.
   (4th International conference Advanced Digital Technology in Head & Neck
    Reconstruction, May 2011,Freiburg,Germany)
中納治久,吉田美智,藤島昭宏,高野直樹,宮崎 隆,槙 宏太郎:
ヒト大腿骨皮質骨を用いた不均質性を考慮したヤング率推定方法に関する研究.
 日骨形態誌,21:S60
  (第31回日本骨形態計測学会,岐阜市,2011年5月)
佐藤友紀,大久保文雄, 倉林仁美,槙 宏太郎:
昭和大学口蓋裂診療班におけるNAM治療およびGingivoperiosetoplastyの中期結果.
  日口蓋誌,36:95                  
 (第35回日本口蓋裂学会総会・学術集会,新潟市,2011年5月)
泉 朝望,鮎瀬節子,岡崎恵子,大久保文雄,倉林仁美,槙 宏太郎:
両側性唇顎口蓋裂の矯正治療 -特に一般矯正治療との相違による注意点について- .
  日口蓋誌,36:113                  
 (第35回日本口蓋裂学会総会・学術集会,新潟市,2011年5月)
倉林仁美,佐藤友紀,萬屋礼子,伊集院公美子,武井久美子,土佐泰祥,代田達夫,槙 宏太郎:
片側性唇顎口蓋裂に対する上顎前方牽引装置の効果について.
  日口蓋誌,36:114                  
 (第35回日本口蓋裂学会総会・学術集会,新潟市,2011年5月)
倉林仁美,大久保文雄,代田達夫,槙 宏太郎:
外科矯正を行った左側唇顎口蓋裂症例.
  日口蓋誌,36:133                  
 (第35回日本口蓋裂学会総会・学術集会,新潟市,2011年5月)
大久保文雄, 渡邊あずさ,門松香一,佐藤友紀,倉林仁美,槇 宏太郎,高橋万里子,門田 聡,橋川正利,伊藤奈央,吉本信也:
鼻腔内に歯の萌出を伴う症例への顎裂部二次骨移植.
  日口蓋誌,36:73                  
 (第35回日本口蓋裂学会総会・学術集会,新潟市,2011年5月)
代田達夫,栗原祐史,倉林仁美,佐藤友紀,澁澤龍之,近藤誠二,槙 宏太郎,新谷 悟:
顎裂部骨移植術における生体吸収性骨接合材(LactoSorb)の有用性に関する検討.
  日口蓋誌,36:74                  
 (第35回日本口蓋裂学会総会・学術集会,新潟市,2011年5月)
鈴木麻衣子,代田達夫,武井良子,山口徹太郎,下平 修,宇山理沙,高橋浩二,槙 宏太郎,新谷 悟:
成人口蓋裂未手術患者の2例
  日口蓋誌,36:78                  
 (第35回日本口蓋裂学会総会・学術集会,新潟市,2011年5月)
土佐泰祥,吉本信也,清水祐紀,横山才也,三川信之,門松香一,渡邊梓,大久保文雄,木村智江,佐藤亜紀子,今富摂子,原 裕太,橋川正利,門田 聡,伊藤奈央,林 稔,佐藤友紀,倉林仁美,槙 宏太郎,保坂善昭:
Two-flap口蓋形成術変法の治療経験.
  日口蓋誌,36:91                  
 (第35回日本口蓋裂学会総会・学術集会,新潟市,2011年5月)
友安洋子,山口徹太郎,代田達夫,中納治久,倉林仁美,新谷 悟,槇 宏太郎:
日本人原発性萌出不全患者の頭蓋顎顔面および歯性の特徴.
  日顎変形誌21:115
 (第21回日本顎変形症学会総会・30周年記念国際シンポジウム,東京,2011年6月)
山口徹太郎,代田達夫,友安洋子,高橋満理子,中納治久,倉林仁美,新谷 悟,槇 宏太郎:
原発性萌出不全の原因遺伝子同定.  
日顎変形誌21:115
 (第21回日本顎変形症学会総会・30周年記念国際シンポジウム,東京,2011年6月)
代田達夫,菱田桃子,山口徹太郎,倉林仁美,栗原祐史,吉濱泰斗,近藤誠二,槇 宏太郎,新谷 悟:
歯槽部骨延長術により側方歯開咬を改善し得た原発性萌出不全の1例.
  日顎変形誌21:116
 (第21回日本顎変形症学会総会・30周年記念国際シンポジウム,東京,2011年6月)
藤川泰成,斉藤 極,小川尚己,佐藤友紀,伊能教夫,槇 宏太郎:
Hemifacial microsomia 症例における個体別顎運動表示システムを用いた運動解析.
  日顎変形誌21:120
 (第21回日本顎変形症学会総会・30周年記念国際シンポジウム,東京,2011年6月)
杉浦茉美,郭 家豪,槇 宏太郎:
水平的な顎の変形を示す症例における顎顔面構造の解析.
  日顎変形誌21:122
 (第21回日本顎変形症学会総会・30周年記念国際シンポジウム,東京,2011年6月)
伊集院公美子,藤川泰成,新 真紀子,澁澤龍之,槇 宏太郎:
顎顔面形態と下顎頭形態および顎関節円板動態の関連性.
  日顎変形誌,21:140
 第21回日本顎変形症学会優秀ポスター賞受賞
 (第21回日本顎変形症学会総会・30周年記念国際シンポジウム,東京,2011年6月)
二木克嘉,藤川泰成,新 真紀子,山口徹太郎,代田達夫,新谷 悟,槇 宏太郎:
外科的手術直後の不測の事態への矯正歯科的な対応.
 日顎変形誌,21:168
 (第21回日本顎変形症学会総会・30周年記念国際シンポジウム,東京,2011年6月)
浅間雄介,代田達夫,中納治久,山口徹太郎,新谷 悟,槇 宏太郎:
三次元歯列模型データとCTデータの統合による実体モデルを用いた手術シミュレーションの有用性.
(第21回日本顎変形症学会総会・30周年記念国際シンポジウム,東京,2011年6月)
森田明子,澁澤龍之,新 真紀子,伊集院公美子,藤川泰成,槇 宏太郎:
両側性顎関節内障害患者における顎顔面形態と顎関節病態との関連性.
 (第31回昭和歯学会総会,東京,2011年7月)
小野美樹,高見正道,須澤徹夫,綿引淳一,榎本明子,南保友樹,田口智博,市川雄大,野瀬佳奈,上條竜太郎,槇 宏太郎:
神経堤由来細胞を用いた顎顔面再建方法確立のための基礎的研究.
 (第70回東京矯正歯科学会記念大会,東京,2011年7月)
五島衣子, 吉濱泰斗, 丹澤 豪, 二木克嘉, 倉林仁美, 槇 宏太郎, 山本松男, 井上美津子, 宮崎 隆:
昭和大学iOSCAにおいて、患者ロボットを模擬患者としておこなった救急対応の評価について.
第30回日本歯科医学教育学会総会・学術大会プログラム・抄録集,:134 
(第30回日本歯科医学教育学会総会・学術大会,東京,2011年7月)
槇 宏太郎:
(記念シンポジウム「矯正歯科の未来Part2」)新しい診断法と治療への挑戦.
 (第70回東京矯正歯科学会記念大会,東京,2011年7月)
Ono M, Takami M, Suzawa T, Miyauchi T, Yamada A,  Watahiki J, Baba K, Nakamura M, Maki K, Osumi N, Kamijo R:
Distribution of neural crest-derived cells in adult mice and induction of osteoblastic cells from the cells.
(第33回米国骨代謝学会,San Diego,USA ,September 2011)
  第33回 米国骨代謝学会「Poster competition候補」選出

Yuki  Sato Yamamoto:
(シンポジウム)The Current Status of Management for the Subject with Cleft Lip and Palate in Japan.
 (46th Indian Orthodontic Conference, Khajuraho, India,September 2011) 

Yamaguchi T, Kimura R, Kawaguchi A, Tomoyasu Y, Maki K:
(シンポジウム)Role of common gene variants in permanent tooth dental characteristics in a Non-syndromic East asian population.
 (The First International Symposium of Biological Shape Analysis,沖縄,2011年9月)

槇 宏太郎:
(教育講演)Invisalignを用いた矯正治療.
 (第22回日本歯科審美学会学術大会,奈良,2011年10月)

中島 還,中馬宏子,山口徹太郎,代田達夫,真鍋厚史,槇 宏太郎:
外傷を伴う不正咬合の補綴および矯正治療による審美的改善.
 (第22回日本歯科審美学会学術大会,奈良,2011年10月)
槇 宏太郎:
(シンポジウム「患者さんにやさしい矯正治療の未来像」)生体機能を考慮した新しい概念の矯正治療.
 (第3回国際歯科シンポジウム,東京,2011年10月)
佐藤友紀:
(ラウンド・テーブル・ディスカッション)口蓋形成手術後の唇顎口蓋裂患者の矯正診断時期と骨移植について -手術時期と矯正医の役割-.
第70回日本矯正歯科学会大会&第4回国際会議 プログラム・抄録集,pp171
 (第70回日本矯正歯科学会大会&第4回国際会議,名古屋,2011年10月)
中納治久,浅間雄介,吉田美智,堀田康弘,梅川克己,藤原稔久,宮崎 隆,槇 宏太郎:
3Dデジタル模型における歯冠自動分割法の開発.
第70回日本矯正歯科学会大会&第4回国際会議 プログラム・抄録集,pp262
 (第70回日本矯正歯科学会大会&第4回国際会議,名古屋,2011年10月)

山口徹太郎,木村亮介,川口 亮,友安洋子,槇 宏太郎:
PAX9のコモンバリアントは歯冠の大きさおよび形態に関与する.
第70回日本矯正歯科学会大会&第4回国際会議 プログラム・抄録集,pp306
 (第70回日本矯正歯科学会大会&第4回国際会議,名古屋,2011年10月)
山口徹太郎,木村亮介,川口 亮,友安洋子,槇 宏太郎:
乳歯萌出開始時期に関与する一塩基多型と不正咬合との関連.
第70回日本矯正歯科学会大会&第4回国際会議 プログラム・抄録集,pp
 (第70回日本矯正歯科学会大会&第4回国際会議,名古屋,2011年10月)
澁澤龍之,新 真紀子,伊集院公美子,槇 宏太郎:
顎関節内障を伴った若年成人のⅡ級症例.
第70回日本矯正歯科学会大会&第4回国際会議 プログラム・抄録集,pp325
 (第70回日本矯正歯科学会大会&第4回国際会議,名古屋,2011年10月)
小野美樹,高見正道,須澤徹夫,山本 剛,立川哲彦,中村雅典,槇 宏太郎,上條竜太郎:
口腔および食道上皮を構成するケラチノサイトの一部は神経堤に由来する.
 J Oral Biosci,53-S:137,2011
 第53回歯科基礎医学会優秀ポスター発表賞受賞
(第53回歯科基礎医学会学術大会ならびに総会,岐阜,2011年10月)
市川雄大,綿引淳一,田口智博,南保友樹,小野美樹,榎本明子,野瀬佳奈,山本 剛,立川哲彦,槇 宏太郎:
  顎骨の骨膜は神経堤細胞由来の性質を持っている可能性がある.
  J Oral Biosci,53-S:154,2011
(第53回歯科基礎医学会学術大会ならびに総会,岐阜,2011年10月)
宮内あがさ,須澤徹夫,山本 剛, 小野美樹,相澤 怜,臼井通彦, 立川哲彦,槇 宏太郎,山本松男,上條竜太郎:
TGF-βによるエナメル芽細胞分化におけるCaspase-14の役割.
  J Oral Biosci,53-S:189,2011
(第53回歯科基礎医学会学術大会ならびに総会,岐阜,2011年10月)
槇 宏太郎:
(招待講演)「患者さんにやさしい矯正治療の未来像」生体機能を考慮した新しい概念の矯正治療.
  (第3回国際歯科シンポジウム,東京,2011年10月)
槇 宏太郎:
(シンポジウム)「咬合とバイオメカニクス」バイオメカニクスから考える咬合と顎顔面の関連性.
 (第19回顎顔面バイオメカニクス学会大会,大阪,2011年11月)
伊能教夫,原 一貴,木村 仁,渡邊みゆき,槇 宏太郎:
熱可塑性樹脂製矯正装置の矯正時に働く歯根膜応力状態の推定.
 (第19回顎顔面バイオメカニクス学会大会,大阪,2011年11月)
斉藤 極,木村 仁, 伊能教夫,小関道彦,藤川泰成,小川尚己,槇 宏太郎:
個体別顎運動表示システムによる上下歯列の干渉状態の観察手法の開発.
 (第19回顎顔面バイオメカニクス学会大会,大阪,2011年11月)
山口徹太郎:
新しい矯正歯科臨床のための遺伝.
 (平成23年東京矯正歯科学会秋季セミナー,東京,2011年11月)
川口亮、渡辺千晶、PARK JH、KIM YIl、友安洋子、渡辺みゆき、武田摩耶子、埴原恒彦、太田博樹、石田 肇、PARK SB、槇 宏太郎、山口徹太郎、木村亮介:
アジア人特異的EDAR 1540Cアリルは下顎第2大臼歯のhypoconulidと関連する.
  (第65回 日本人類学会大会,沖縄,2011年11月)
Ishibashi-Nose k, Watahiki J, Maekawa M*, Watanabe A*, Enomoto A,Nanpo T, Taguchi T,Ichikawa Y, Ono M,Maki M:
Influence of soft-diet feeding on hippocampal neurogenesis in young mice after weaning.
 (第31回昭和歯学会例会,東京, 2011年12月)

山屋祥子,佐藤友紀,槇 宏太郎:
鋤骨が上顎及び咬合に及ぼす影響 -三次元的な鋤骨形態の解析-.
 (第31回昭和歯学会例会,東京, 2011年12月)
山屋祥子,佐藤友紀,槇 宏太郎:
鋤骨が上顎及び咬合に及ぼす影響 -三次元的な鋤骨形態の解析-.
 (第31回昭和歯学会例会,東京, 2011年12月)
市川雄大,綿引淳一,田口智博,南保友樹,小野美樹,榎本明子,野瀬佳奈,山本 剛*,入江太朗*,立川哲彦**,美島健二*,槇宏太郎:
顎骨の骨膜は神経堤細胞由来の性質を有する可能性がある.
 (第31回昭和歯学会例会,東京, 2011年12月)
竹内 陽平,伊能 敦夫*,小関 道彦**,槇 宏太郎:
各種哺乳類における下顎頭形状の生体力学的考察.
 (第31回昭和歯学会例会,東京, 2011年12月)
郭 家豪,高橋満理子,槇 宏太郎: 
Relationship among occlusal force, condylar surface area and facial patterns.
 (第31回昭和歯学会例会,東京, 2011年12月)
Iwai-Yoshida M, Shibata Y, Nakano H, Miyazaki T,Maki K:
The in vitro characteristics of anodically oxidized titanium.
ELSEVIER P1・19
          (4 th  International Conference Mechanics of Biomaterials and Tissues, Hawaii,  
     December 2011)
Yuki  Sato Yamamoto:
(シンポジウム)Pre surgical nasoalveolar molding plate:The current status of management for the subject with Cleft Lip and Palate.
 (1st Sri Lanka Orthodontic Conference, Kandy, Srilanka, March 2012)
その他
槇 宏太郎:
歯科患者ロボット 昭和大学歯学部 昭和花子2を臨床教育に本格導入.
デンタルタイムス21,歯科時報新社,平成23年7月5日発行.
槇 宏太郎,高本陽一:
「発想の来た道 #15 ~人の役に立つロボットを!高本陽一~」.
(VIDEOS)イノベーティブチャンネル,ANAオリジナル番組.vol105,JUL.2011
槇 宏太郎:
(特別講演)CBCTの臨床応用について考える.
第27回アレキサンダー研究会例会,大阪,2011年7月13日)
槇 宏太郎:
(NEWS)昭和大学、歯科患者シミュレーターロボット「昭和花子 2」を開発.
ROBOCON MAGAZINE,2011年9月,NO.77:96-97,
槇 宏太郎:
(特別講演)口唇口蓋裂治療における矯正歯科の役割.
第1回口唇口蓋裂連携パス研究会兼特別講演会,前橋市,2011年9月2日
槇 宏太郎:
「暮しと健康相談室」歯列矯正.
暮しと健康,保健同人誌,2011年11月,66巻:pp73,
槇 宏太郎:
(講演)歯科におけるインシデントと事例分析.
歯科医療安全管理研修会,歯科医療安全教育セミナー2011年,東京,2011年11月5日
槇 宏太郎:
これが日本のロボット最先端技術だ!
歯科医を養成するロボット『昭和花子2』昭和大学歯科病院から生中継.
ニコニコ生放送:http://live.nicovideo.jp/,2012年3月7日19:30~20:30
浅間雄介, 代田達夫,中納治久, 山口徹太郎,新谷 悟,槇 宏太郎:
三次元歯列模型画像とCT画像の統合による実体モデルを用いた手術シミュレーションの有用性.
昭和大学大学院歯学研究科・口腔癌包括的研究センター 平成23年度合同シンポジウ
(文部科学省私立大学戦略的研究基盤形成支援事業)研究成果発表,分子的理解に基づいた口腔癌の先端的研究.プログラム・抄録集,pp31,東京,2012年3月17日
栗原亜由美,槇 宏太郎:
小児の上気道における流体の比較.
昭和大学大学院歯学研究科・口腔癌包括的研究センター 平成23年度合同シンポジウ
(文部科学省私立大学戦略的研究基盤形成支援事業)研究成果発表,デンタルイノベーションを目指した集学的研究拠点形成.プログラム・抄録集,pp49,東京,2012年3月17日
追加:
大久保文雄,渡邊梓,原 裕太,橋川正利, 坂巻美保,小住奈津子,佐藤友紀,萬屋礼子, 倉林仁美,槇 宏太郎 :
両側唇顎口蓋裂の二次顎裂部骨移植における中間顎移動術.
日頭蓋顎顔面外会誌,27:119-120
  (第28回日本頭蓋顎顔面外科学会,京都,2010年10月)
アーカイブ
  • 設備
  • 研究・教育
  • 矯正歯科診療
  • 木真会
  • 研究の紹介研究の紹介

    本教室における研究の目標は、いかに科学的に矯正臨床における諸問題を解決するかの一点にあります。

  • 業績について業績について

    矯正学教室の年度別の業績目録を紹介しています。

  • 受賞受賞

    昭和大学歯科矯正学教室(槇 宏太郎教授就任後)の、学会発表における、学会賞受賞の記録です。

  • 設備
  • 研究・教育
  • 矯正歯科診療
  • 木真会
pagetop