お問い合わせはこちら 03-3787-1151

業績について Research and education

平成17年度 歯科矯正学教室 業績目録

原著
Yamaguchi T, Park SB, Narita A, Maki K, and Inoue I :Genome - wide linkage analysis of mandibular prognathism in Korean and Japanese patients.
J Dent Res. 84:255-259,2005
Shibazaki R, Maki K, Tachikawa T, Shibasaki Y, Hinton R J, Carlson D S, and Opperman LA.:Changes in parathyroid hormone-related protein and 3-dimensional trabecular    bone structure of the mandibular condyle following mandibular distraction  osteogenesis in growing rats.
J Oral Maxillofac Surg. 63:505-512,2005
中島 還:
下顎運動制御に関与する局所神経回路の発育変化、昭和歯誌、25:83−92,2005
佐藤友紀、Grayson B.H., Cutting C.B., 槇 宏太郎:口唇口蓋裂における術前矯正治療 Presurgical Nasoalveolar Molding (PNAM)について、
形成外科、48:255−262,2005
佐藤友紀、倉林仁美、百瀬之男、槇 宏太郎、保阪善昭、門松香一、土佐泰祥:形成外科領域における最近の進歩、 新生児新術前矯正治療導入による昭和大学口蓋裂診療班における治療成績の向上とその効果について、
昭和医学誌、65:285−288,2005
Kudo A, Yamaguchi T, Yagasaki Y, Watahiki J, Oshima T, Nishimoto Y, Miyazaki A, and Maki K:Familial Aggregation of Class III Malocclusion in Japanese.
Showa Univ. J of Med. Sci,17:145-151,2005
Nishimoto Y, Toi Y, Yamaguchi T, Nagashima A, Nakajima K, Watanabe H, Miyazaki A, and Maki K: Craniofacial  morphology in Japanese patients with the Pierre robin sequence and isolated cleft palate. 
Showa Univ. J of Med. Sci.17:105-113,2005
Koseki M, Inou N, Maki K: Estimation of masticatory forces for patient – specific analysis of the human mandible,
Modelling in Medicine and Biology, 6:491-500, 2005
倉林仁美、佐藤友紀、井上 愛、槇 宏太郎:矯正学的な咬合再構築における現状と問題点 第1報:口蓋裂症例、
顎咬合誌、25:438−446,2005
久保田雅人、鄭 勝栄、中納治久、槇 宏太郎:矯正学的な咬合再構築における現状と問題点 第2報:外科的矯正治療、
日顎咬合誌、26:148−155,2006
陳 信光、中納治久、片岡洋子、柴崎礼子、久保田雅人、槇 宏太郎:骨格性下顎前突症に対する外科的矯正治療前後の正面顔貌変化 —正面顔面規格写真の有用性に関してー、
昭和歯誌、26:19−28,2006
許 為勇、久保田雅人、佐藤友紀。中納治久、槇 宏太郎:口唇口蓋裂患者における顎裂部骨欠損形態のコーンビームCTによる検討、
昭和歯誌、26:29−38,2006
柴崎礼子、陳 信光、久保田雅人、中納治久、槇 宏太郎:歯顎顔面用コーンビームX線CTを用いた顔面非対称性下顎前突症の3次元評価、
昭和歯誌、26:39−50,2006
Hopper R.A, Grayson B.H, Dayan J, Altug A, McCarthy J.G, Sato Y, Khorramabadi D, Oliker A, Cutting C.B:A virtual reality tracking system for distal  mandible movement during dstraction osteogenesis.
Plast Reconstr Surg. 117(2): 590-594,117(2):595 (discussion), 2006
Koseki M, Inou N, Maki K:Estimation of masticatory forces for patient – specific analysis of the human mandible,
Modelling in Medicine and Biology, 6:491-500, 2005
症例報告
高津涼子、山口徹太郎、久保田雅人、槇 宏太郎:機能的矯正装置を用いた上顎前突症例 —双生児における成長促進の比較—、
昭和歯誌、25:107−121,2005
澁澤亜子、澁澤龍之、槇 宏太郎:上顎両側犬歯先天欠如を伴うAngle II級症例、昭和歯誌、25:100−106,2005
中納治久、松本一彦、片岡洋子、福本顕嗣、槇宏太郎:Interdiscriplinary dentistryを実践した顎変形症治例、
昭和歯誌、25:122−132,2005
総説
槇 宏太郎:日本人抜歯症例経のアプローチ —その可能性と限界、留意すべきことー、
矯正臨床ジャーナル、 21:11−34,2005
アーカイブ
  • 設備
  • 研究・教育
  • 矯正歯科診療
  • 木真会
  • 研究の紹介研究の紹介

    本教室における研究の目標は、いかに科学的に矯正臨床における諸問題を解決するかの一点にあります。

  • 業績について業績について

    矯正学教室の年度別の業績目録を紹介しています。

  • 受賞受賞

    昭和大学歯科矯正学教室(槇 宏太郎教授就任後)の、学会発表における、学会賞受賞の記録です。

  • 設備
  • 研究・教育
  • 矯正歯科診療
  • 木真会
pagetop